Open Government Initiative:アメリカのオープンデータ事情1/3

2012年10月4日 in Special


アメリカのオープンデータへの取り組みはオバマ大統領の就任によって始まりました。オバマ大統領は就任式の翌日の2009年1月21日、行政機関の長に宛てた指令の中で「透明でオープンな政府」の重要性について次のように述べています。

私は私の政権をこれまでにないレベルのオープンな政府とすることを誓う。私たちは国民から信頼され、透明で市民参加と協働を促進するシステムの確立を、共に協力して実現しなければならない。オープンであることによって、私たちの民主主義はさらに強固なものになり、政府の効率性と有効性を高めることができる

オバマ大統領はこの指令において、Transparency(透明性)Participation(国民参加)Collaboration(政府間及び官民の連携・協業)の3原則の重要性について強調しており、この指令を契機としてアメリカのオープンデータ運動の基礎となる、Open Government Initiativeが始まりました。

出典: https://explore.data.gov/

2009年5月、オバマ政権は政府がデータを公開するためのデータポータルとしてdata.govを構築し公開しました。data.govは、Open Government Initiativeにおける国民からの提言を受けて開設したデータポータルで、連邦政府機関が保有する国勢、環境、経済状況などのデータセットを提供することを目的としたものです。

2009年12月8日には政府からOpen Government Directiveが発行され、各政府機関に対してデータをオンラインで公開するよう以下の指令が出され、これによりdata.govで入手できるデータセットの種類が大幅に増加しました。

  •  45日以内に各政府機関は、最低でも3種類の高付加価値なデータセットで、これまで未公開あるいはダウンロードできなかったものを、オープンな形式でオンランにて公開し、Data.govに登録すること
  • 60日以内に各政府機関は、” http://www.[agency].gov/open”という場所にオープンガバメントのWebサイトを構築し、Open Government Directiveに関する活動のゲートウェイとして機能させること

data.govは2011年5月17日にアメリカの民間企業であるSocrataのプラットフォームをベースとしたデータポータルに全面リニューアルされ、現在に至っています。2012年10月4日現在、data.govには4,767個のロウデータセットが公開されています。

さらに政府はdata.govに州や地方政府のデータセットを統合するためcities.data.govを新設し、2012年8月1日には、シカゴ、シアトル、ニューヨーク、サンフランシスコという、アメリカの4大都市がcities.data.govに参加し、地方政府のデータポータル統合が本格的に動き始めました。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)