オープンデータのライセンスを考える(2)データの種類と著作権

2012年10月20日 in Special


Photo (c) Horia Varlan, licensed under CC BY.


それでは「データ」にはどのようなものがあるだろうか。問題解決に役立つ「情報」を取り出せる可能性のある数値、写真、図画、録音、録画、記事、等々、といったものは幅広く「データ」と考えられるであろう。その多くは電子化され、コンピュータ内では通常その種別は拡張子で区別される。

これらのデータを取り扱う際に注意しなければならないのが知的財産権、とりわけ著作権である。日本では著作権は特別な手続き無しに著作物に発生し、放棄できないものとされる強い権利である。

データの中には写真などのように明らかに著作物とみなされるものと、統計値などのように事実情報であり著作権が及ばないとされるものがある。その境界についての判断は専門家の領域であり、最終的には司法判断を待つべきものであるが、いずれにしてもデータには著作物と事実情報が混在している可能性があると考えるべきである。

著作物に生じる著作権を、著作権者の判断で利用許諾するための宣言、あるいは契約がライセンスである。著作物(コンテンツ)に対するオープンなライセンスとしてはクリエイティブ・コモンズの「CC0」「CC BY」「CC BY-SA」などが、ドキュメントに対するものとしてはフリー・ソフトウェア・ファウンデーションの「GFDL」などが代表的なものである。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Shu Higashi (東 修作)

Written by

Georepublic Japan に勤務。OKJP事務局長及びオープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン 事務局を兼務。Code for Japan設立発起人。内閣府電子行政オープンデータ実務者会議利活用推進WG構成員。 OpenStreetMapという自由な世界地図を作る活動をきっかけにオープンデータの活動に関わりはじめました。主な関心領域はデータのライセンシング、コミュニティ活動、市民参画、国際連携など。 投稿記事の内容はあくまで個人としてのものであり、所属する組織を代表する見解ではありません。