オープンデータのライセンスを考える(12)PDDL

2012年10月31日 in Special


ODCの3つ目のライセンスであるPDDL (Open Data Commons Public Domain Dedication and License ) はデータ/データベースのパブリックドメイン・ライセンスである。(邦訳は未完)

PDDL もODC-By 同様、事実情報由来のデータのみに適用されるので著作物は別途に考えなければならない。これに対してクリエイティブ・コモンズのCC0 はデータとコンテンツの双方をカバーするとされているのでオープンデータをパブリックドメインに置きたい場合はCC0 を選んだ方がシンプルに宣言できるだろう。

CC0 の唯一の課題は正式な日本語化、すなわち国内法とのすり合わせがまだ終わっていない点だ。現時点ではパブリックドメインを宣言したとしても、それが日本の著作権法と整合しているのか、まだ一般的な認識は得られていないのではないか。

権利主張しないから自由に使って欲しい、と思った時に「パブリックドメイン」を高らかに宣言するとパブリックドメインとは何かが明確に定義及び法との整合性が明確化されていない以上、むしろその宣言の実効性が危うくなるという逆説的な状況がある。この点においてむしろ「パブリックドメイン」という言葉を使わず単に「誰でもご自由にお使いください」といった日本語での宣言の方が(現時点では)むしろ法的な明確さは増すのではないかと思うのだがどうだろうか。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Shu Higashi (東 修作)

Written by

Georepublic Japan に勤務。OKJP事務局長及びオープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン 事務局を兼務。Code for Japan設立発起人。内閣府電子行政オープンデータ実務者会議利活用推進WG構成員。 OpenStreetMapという自由な世界地図を作る活動をきっかけにオープンデータの活動に関わりはじめました。主な関心領域はデータのライセンシング、コミュニティ活動、市民参画、国際連携など。 投稿記事の内容はあくまで個人としてのものであり、所属する組織を代表する見解ではありません。