フランス政府、オープンデータ関連組織を統合、推進強化を図る

2012年11月6日 in News


ePSIplatformによると、フランス政府は、従来から公的データ活用の推進組織として活動してきたEtalabと、情報システム・通信の省庁間総局(DISIC, interministerial directorate for information systems and communication)および国家近代化総局(DGME, directorate general for the modernisation of the state)を1つに統合し、大統領直下に置くと発表しました。

フランス政府は、国家近代化のためにオープンデータの取り組みが急務であると考え、オープンデータ推進のために必要な機能を1つにまとめ、国家戦略として位置付け、より積極的な推進を図る模様です。

原文: All French Government Open Data Efforts Under One Banner

 

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)