日本の公的データ活用事例5 天気予報で省エネも自由自在

2012年11月22日 in Special


複数のテナントが入っているビルの省エネ対策は、時に面倒くさいものです。テナントが「省エネ、ガンバロー!」と思っても、エアコンの温度設定変更をビル管理者にお願いしなければならない場合が少なくありません。テナントが100も入っているビルでは、各テナントが独自の省エネ対策をがんばればがんばるほど、管理者の負担は増えます。その結果、「このビルは集中管理しているため、個別の設定変更はできません」と個別対応お断りとなるケースもあります(もちろん本当にシステム的に個別設定ができない場合もあります。)

そんな時に役に立つのが、ビルファシリティマネジメントソリューション「BIVALE(ビヴァーレ)」の「エアコンおまかせ省エネサービス」です。ニュースリリースによれば、テナントが毎月のエアコン電力使用量削減目標を設定するだけで、天気予報データをもとにエアコン負荷を予測し、省エネ運転スケジュールを自動設定してくれます。さらに毎日の実績値と最新の天気予報データから運転スケジュールを作り直すことまでしてくれます。

エアコンおまかせ省エネサービス
出典:http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2012/11/1113.html

これならビル管理者の負担もなく、テナントも省エネに励むことができます。省エネ目標が高すぎると、終盤は酷暑の中で仕事をしなければなりないのでは?、という心配はありません。そんな時は、目標を再設定してくださいと教えてくれます。天気予報データも、さまざまな所で活用されているものです。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)