「あっという間に廃れるさ」、オープンデータが失敗する7つの理由(とその反論)

2012年12月4日 in Special


OpenAidの創設者Claudia Schwegmannによる記事を紹介します。もし身近に、「オープンデータなんてただの一時的な流行だよ」という考え方の人がいるようでしたら、是非読んでみてください。オープンデータなんて失敗すると考えている人たちが声高に叫ぶ典型的な7つの理由と、それに対するClaudia Schwegmannをピリッとスパイスの効いた反論が楽しめます。

  1. そんなのいらない、経済価値なし
  2. そんなことやっている暇はない
  3. 危険だろ、オープンにしちゃ
  4. もうとっくにやってるよ、そんなこと
  5. そういう流儀じゃないんだよなぁ、ここでは
  6. 所詮、なにも解決できないでしょ?
  7. 一時的なバカ騒ぎ、私は嫌い

原文:It´s a fad! 7 Reasons against Open Data

2 responses to 「あっという間に廃れるさ」、オープンデータが失敗する7つの理由(とその反論)

  1. リンクが切れてますね、原文は
    http://okfn.de/2012/11/7-reasons-against-open-data/
    でしょうか。

  2. ご指摘の通りです。修正いたしました。ありがとうございました。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)