Open Knowledge Foundationローンチパーティ開催報告

2012年12月5日 in Events, Featured


11月13日、Open Knowledge Foundation 日本グループ(OKFJ)のローンチパーティが秋葉原のアーツ千代田3331にて開催されました。主催者の想定を上回る、非常に多様な80人もの方にお集まりいただき、大成功のうちに終了しました。ご参加いただいた皆さん、運営を支えてくださった横浜コミュニティデザインラボとOrinoco Peatixの皆さん、ドラ娘の小川さん、ありがとうございました。

パーティは、OKFJの川島と庄司による、オープンデータの活用を進めることの意義やOKFJが目指す社会についての対談から始まり、東浩紀さんとドミニク・チェンさんからのお祝いのコメント紹介、ジャーナリストの福場ひとみさんのショートスピーチと続き、歓談を挟んでOKFJの東(あずま)と東(ひがし)によるショートプレゼンテーションが行われました。さらに、LODチャレンジ事務局の乙守さんや政府CIO補佐官・経済産業省CIO補佐官の平本さんによるショートスピーチなどもいただきました。そして最後に、会場のアーツ千代田3331の「3331」がおめでたい席で行われる「江戸一本締め」に由来することにちなみ、全員で江戸一本締めを行って閉会しました。

Open Knowledge Foundation 日本グループは今後、活動を本格化させ、政府や地方自治体等に対する政策提言や助言、アイディアソン・ハッカソン等のイベント開催支援、国内外の先進事例等の紹介、オープンデータ活用に役立つツールの紹介や活用などを進めていきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Masahiko Shoji

Written by

庄司 昌彦(しょうじ まさひこ)一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン代表理事。国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)准教授・主任研究員。1976年、東京都生まれ。中央大学大学院総合政策研究科修士課程修了。おもな関心テーマは情報社会学、電子行政・オープンガバメント、地域情報化、社会イノベーションなど。2010-12年、内閣官房IT戦略本部「電子行政に関するタスクフォース」構成員として「電子行政オープンデータ戦略」につながる議論に参画。2016年3月より内閣官房IT総合戦略室オープンデータ伝道師。2015年より総務省地域情報化アドバイザー。その他、一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)理事なども務めている。著書(共著)に『地域SNS最前線 Web2.0時代のまちおこし実践ガイド』(2007年、アスキー)など多数。