気象庁が「防災情報XMLフォーマット形式電文」をホームページから公開

2012年12月12日 in News


気象庁は、気象情報のより一層の利活用の推進を図るため、気象庁ホームページから「防災情報XMLフォーマット形式電文」のデータ公開を開始するとアナウンスしました。公開は2012年12月17日から開始される予定です。

利用上の留意事項、必要なシステム、XMLフォーマット仕様、技術情報など詳細は下記をご覧ください。

気象庁防災情報XMLフォーマット形式電文の公開(試行)について
http://xml.kishou.go.jp/open_trial/index.html

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Masahiko Shoji

Written by

庄司 昌彦(しょうじ まさひこ)一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン代表理事。国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)准教授・主任研究員。1976年、東京都生まれ。中央大学大学院総合政策研究科修士課程修了。おもな関心テーマは情報社会学、電子行政・オープンガバメント、地域情報化、社会イノベーションなど。2010-12年、内閣官房IT戦略本部「電子行政に関するタスクフォース」構成員として「電子行政オープンデータ戦略」につながる議論に参画。2016年3月より内閣官房IT総合戦略室オープンデータ伝道師。2015年より総務省地域情報化アドバイザー。その他、一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)理事なども務めている。著書(共著)に『地域SNS最前線 Web2.0時代のまちおこし実践ガイド』(2007年、アスキー)など多数。