クライシスレスポンス用アプリ・サービス事例5 ForestWatchers.net

2012年12月15日 in Special


森林の減少は二酸化炭素の吸収源、あるいは動植物の生息域といった世界的なエコシステムに対する脅威となっており、中でも世界最大の熱帯林アマゾンでは違法な森林伐採は大きな問題だ。
しかし、対象エリアはあまりに広く、従来型の保護政策だけではその膨大なタスクを遂行しきれなくなってきている。

そこでForestWatchers.net は、宇宙衛星から撮影された高解像度の画像のうち、フリーで提供されているもの(オープンデータ!)や寄贈されたものを利用してボランティアによるコンピューティングに基づく集約的なパラダイムを提唱している。

具体的なツールとしてはシリーズ最初にご紹介したPyBossa が使われている。

マイクロタスキングにおいては作業を誰もが簡単にできる手順に落としこむための事前準備が重要だ。このため、PyBossaで構築されたDeforestedAreas アプリケーションでは事前準備としてコンピュータ処理で自然林(オレンジ)、保護区(ピンク)、水域(青)を自動認識してそれぞれ色を付けて人間の目で見た時に状況を把握しやすくしてある。

こういった準備がなされた上で、ボランティアはDeforestedAreas アプリケーションを選んでタスクを引き受ける。

たいていの画像はぼんやりした森林域に見えるので「I do not see deforestation, give me another one!」をクリックしてどんどん次の画像に進めて行くが、中には上記の画像のように緑の中に褐色の地面がむきだしになっている箇所がある。これが森林伐採の跡だ。

「Polygon」をクリックしてこの肌色のエリアを囲む。最後にダブルクリックすればポリゴン(多角形の面)での描画は終了だ。予め色のついたエリアはそのままでは画像がよく見えないのでマップ右上のレイヤーボタンをクリックして、色付きのレイヤーを非表示にすることもできる。これら以外にも、判然としないが、注意が要りそうな場所があれば「Point」をクリックして印を付ける。最後に「Save these the polygons or points」で保存して一丁上がり。

素人目には状況が判然としないものも多いが、何せ数が多いので分からないものはどんどんスキップすれば良い。小さな作業だが、大きな成果につながる可能性を秘めている。森林保全に興味のある方は具体的なアクションとして試してみてはいかがだろうか。

参考: クライシスレスポンス用アプリ・サービス事例1 PyBossa/Crowdcrafting

  • クライシスレスポンス用アプリ・サービス事例2 UN-ASIGN
  • クライシスレスポンス用アプリ・サービス事例4 OSM Tasking Manager
  • Leave a reply

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    Shu Higashi (東 修作)

    Written by

    Georepublic Japan に勤務。OKJP事務局長及びオープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン 事務局を兼務。Code for Japan設立発起人。内閣府電子行政オープンデータ実務者会議利活用推進WG構成員。 OpenStreetMapという自由な世界地図を作る活動をきっかけにオープンデータの活動に関わりはじめました。主な関心領域はデータのライセンシング、コミュニティ活動、市民参画、国際連携など。 投稿記事の内容はあくまで個人としてのものであり、所属する組織を代表する見解ではありません。