イギリス政府、オープンデータ推進に新たに800万ポンド投入

2012年12月20日 in News


出典:http://www.cabinetoffice.gov.uk/

2012年12月12日、イギリス政府はオープンデータを推進するために新たに800万ポンドの予算を投じると発表しました。これは2015年までかけて実行されるものであり、オープンデータを活用したビジネス創造のために以下の施策が行われます。

  • 750万ポンドの「データ戦略委員会ブレークスルー・ファンド(Data Strategy Board Breakthrough Fund)」を創設し、公的機関が応募できるようにする
  • 85万ポンドの「オープンデータ・イマージョン・プログラム(Open Data Immersion Programme)」を創設し、企業が応募できるようにする
  • オードナンス・サーベイ(Ordnance Survey、イギリス陸地測量部)のデータをダウンロードできるフォーマットを改善し、企業がデータをもっと容易に、正確に、柔軟に利用できるようにする

公的機関は「データ戦略委員会ブレークスルー・ファンド」の資金を利用して公的データのオープン化を進めることができます。データ戦略委員会とは、公的データを最大限活用することを目的に設立された独立系のアドバイザリー委員会で、政府などに対してオープンデータの利活用について助言している団体です。

一方、オープンデータを活用したビジネスを考えている企業は「オープンデータ・イマージョン・プログラム」に応募することで、ビジネス化の資金を得ることが可能となります。この「オープンデータ・イマージョン・プログラム」は、Open Data Instituteが主催するプログラムで、異なるテーマを設定した一連のコンペを実施することで、中小企業やスタートアップの育成を目指したものです。

 出典:New funding to accelerate benefits of open data

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)