マサチューセッツ州、ボストンの311型市民通報アプリを州全域で採用へ

2012年12月21日 in News


マサチューセッツ州が、ボストンで2009年から導入されている311型市民通報システム”Citizen Connect“を州全体に拡大すると発表しました。これによってマサチューセッツ州の36の市や町が同じ311型通報システムで結ばれCommonwealth Connect“へと広がります。

これによって、例えばフィッチバーグの住民がボストンを訪れている場合でも、いつもと同じフィッチバークのアプリを使ってたまたま見つけたボストンの問題箇所を報告することができ、その報告はボストン当局に届きます。

実際は60の市や町から応募があったのですが、予算の関係から2012年は36に絞られたようです。今回採用されなかった市町も2013年に参加できる可能性があります。ある都市が開発した有用なシステムを他の都市でも採用するという動きはこれからも広がっていくことでしょう。

出典:Boston’s Reporting App Expands Statewide

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)