米政府、次期data.gov 2.0でCKANを採用すると発表

2013年2月5日 in News


Open Knowledge Foundationのブログによると、米政府が次期data.gov 2.0でOpen Knowledge FoundationのCKANを採用すると発表しました

米政府は次期バージョンで、従来のdata.govと地理空間データを提供しているgeo.data.govを統合する計画で、CKANのデータカタログ機能を採用する予定です。CKANのデータカタログ機能を組み込んだdata.gov 2.0は、Open Government Platform(OGPL)としてオープンソース化されます。

データポータルについては、CKANか、OGPLか、という覇権争いが繰り広げられると見る向きもありますがし、オープンな世界ではそのようなパワーゲームに意味のないことを示す良い例となりました。CKANもOGPLもお互いに良いところを採用しながら、独自な部分はそれぞれ発展させ、お互いに良い点を自由に利用しあうというオープンな世界、これこそがイノベーションを促進する原動力になります。

出典:

US government to release open data using OKF’s CKAN platform

CKAN: the Horizon for Data.gov 2.0

 

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)