EU、データバリューチェーンとマルチリンガル・プラットフォームを目指す

2013年2月21日 in News


1月24日、ルクセンブルクで開催されたPSIグループ・ミーティングで、EUの“Data Value Chain” Unitの政策担当幹部が行ったプレゼンテーションでは、以下の3点がEUの主要目的として強調されました。

  1. データバリューチェーンに親和性の高い政策環境をつくる
  2. マルチリンガルなオープンデータ基盤を構築する
  3. 研究とイノベーションを支援する

“Data Value Chain” Unitという組織があることにまず驚き、さらにマルチリンガルを実現してEUのプラットフォームを作るという戦略にはなるほどと思いました。EUもアメリカも、政府機関の役割をプラットフォーム構築と位置付け、その実現に向けて急速に動き始めています。

出典:

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)