速報!オープンデータ流通推進コンソーシアム表彰式

2013年3月13日 in Featured, News, 未分類



今日3月13日午前、オープンデータ流通推進コンソーシアムの「勝手表彰・表彰式」があり、
最優秀賞は「データシティ鯖江」に!優秀賞/日本IBM賞に「International Open Data Day」が、「Where Does MY Money Go」ほか6つの団体・チームが優秀賞、OKFJ賞は埼玉県宮代町の「電脳みやしろ」に!
まず速報でお伝えします。

(各受賞者の紹介文はオープンデータ流通推進コンソーシアムwebサイトにあるものを参考にしました)

 

最優秀賞/Google賞 : データシティ鯖江

sabae

鯖江市の牧田さん、福野さん、Googleの方、コンソーシアム利活用・普及委員会の中村伊知哉座長

データシティ鯖江として、様々なデータをXML等の形式で公開。

・避難所の施設名、位置情報
・消火栓の名称と位置情報
・市が運営するコミュティバス「つつじバス」の運行情報
・西山動物園の動物情報
・鯖江市内の文化財の写真、説明
・市内の農産物直売所
・鯖江市議会議員の情報など

 

 

 

 

優秀賞/日本IBM賞   : 2013 International Open Data Day

iodd01

IODDに参加した、青森、鯖江、横浜、東京、千葉の各地の代表者のみなさんと、全国を統括したOKFJの庄司代表

2013年2月23日に世界中の都市で、オープンデータイベントを開催。日本では、東京、横浜、千葉、名古屋/東海、鯖江、青森、会津若松、福岡の8都市、20チーム、400人が参加して開催。

 

 

 

 

 

 

 

 

優秀賞  : 図書館横断検索サービス「カーリル」

calil

カーリルの吉本さん

全国6,000以上の図書館の蔵書・貸出情報を横断検索可能。APIも提供しており、様々なアプリが開発されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優秀賞  : Where Does My Money Go? の日本語化と横浜市版の作成

WDMMG

受賞スピーチをするOKFJ/元佐賀県CIO川島さんとWDMMG横浜市版開発チーム

イギリスの Open Knowledge Foundation が開発した Where Does My Money Go? (英語版) をベースに日本語化し、さらに横浜市民が横浜市に納めている市税を対象として構築。自分の年間総収入をスライドで設定し、単身世帯か扶養一人世帯かを選択すると、給与所得者であるという前提で、横浜市に納めている市税年総額と10分野毎に一日当たり支払っている市税額が表示される。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

優秀賞 : 気象庁の一連の取り組み
kisyocho

気象統計データなどをウェブサイトで公開。2012年12月からは防災情報XMLフォーマット形式電文を試験的にサイトで公開。2012年11月~12月にはコンソーシアム等と協力して、気象データアイデアソン/ハッカソンを開催。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優秀賞  : あおもり映像コンテンツ・プロモーション

aomori

観光プロモーションに活用できる映像素材を県職員が自ら撮影し、YouTube等に公開。二次利用可能な独自の利用規約を作成し、幅広く活用されることを目指している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 優秀賞  : LODチャレンジ

LOD

LODチャレンジ実行委員会のみなさん



2011年に続き2回目の開催。データセット部門、アイデア部門、アプリケーション部門、ビジュアライゼーション部門の4部門に対し計205作品の応募があった。3/7に表彰式を行う予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優秀賞  : CKANを用いたデータカタログサイト

CKAN

CKAN日本版の開発を進めている加藤さん


データポータルソフトウェアであるCKAN(http://ckan.org)を用いて、日本のデータカタログをまとめたサイトを構築。現在、有志のコミュニティで運営。2013年1月31日現在、オープンガバメントを推進している地方公共団体のデータを中心に、125のデータセットを掲載。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本マイクロソフト賞  : 横浜オープンデータソリューション発展委員会の活動

YODS

日本マイクロソフトの方と横浜オープンデータソリューション発展委員会の杉浦さん

横浜から世界に向けてオープンデータによって成長・発展する新しい都市の姿を発信していくことを目的として設立。アイデアソンやハッカソンの開催、情報発信など積極的に活動。

 

 

 

 

 

 

 

 

国際大学GLOCOM賞  : 東日本大震災アーカイブほか3件

GLOCOM

震災の被害状況を可視化し、災害の実相を世界につたえる多元的デジタルアーカイブズ。個別に存在していた被災地の写真、パノラマ画像、被災者の証言、TV報道映像、ジオタグ付きツイート等のデータを一元化し、Google Earthの三次元地形に重ね、俯瞰的に閲覧することができる。さらにタイムスライダー機能を備えており、震災発生後の時間経過に沿って資料を閲覧することも可能。データをiPhoneのARビューで閲覧できるアプリもリリースしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトバンクテレコム賞 : エレクトリカル・ジャパン

SB

東日本大震災後の日本の電力事情を理解するための電力データ集約・可視化サイト。電力の供給に関するデータとしては、日本全国約3300ヶ所の発電所の位置や出力を独自に調査してデータベース化するとともに、各電力会社が提供するリアルタイム電力供給データをアーカイブして利用。一方電力の需要に関するデータとしては、日本全国の電力消費を象徴するデータとして夜間照明光を観測した衛星観測データを可視化することで、電力供給を象徴する発電所の分布と比較できるようにした。また電力需要に関係する気象データ(アメダス気温・日照時間)も電力データと関連付けて利用できるようにしている。さらに経済産業省資源エネルギー庁や財務省が公開する政府統計データを解析し、グラフなどの形で可視化。データを核としたストーリーを作るデータジャーナリズムの方法論を活用し、日本の電力事情を発電所が開設された歴史のアニメーションで表現したり、電力融通データが示す意味などを解釈したりするなどの試みを行った。

 

 

 

全国地質調査業協会連合会賞 : 流山市/流山市議会の取組み

nagareyama

市と市議会両方のサイトでオープンデータに取り組んでいる。市議会のサイトでは、議員基本情報や定例会議審議結果などをcsv形式で公開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Open Knowledge Foundation Japan賞  : 電脳みやしろ

miyasiro

宮代町の担当の方とOKFJ庄司代表

オープンデータの活動が広がる以前からホームページ上に多様な種類のデータ提供を実施。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にみなさんで! 全国各地から、多様な人達があつまりました。みなさんおめでとうございました!
all

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Yoshihiro Fujimura

Written by

Policy Analyst OKFJ 事務局長 主に地方自治体などでのオープンデータ、オープンガバメントの動きをレポートします。