誰でも1クリックでデータポータルを立ち上げられます、しかも無料で!

2013年3月21日 in News


今年もKnight News Challengeは面白いプロジェクトが続々エントリーされています。先日のAfricanSpendingに続き、今回ご紹介するのはFree Hosted Open Data Portals for Local Governmentsです。データポータルを立ち上げたいのは山々だが、技術もないしお金もないという問題を抱える小規模な地方公共団体向けに、1クリックでデータポータルを立ち上げることを可能にしようというプロジェクトです。しかも無料で。

データポータル自体はDrupalベースのCKANであるDKANを採用し、DKANをマルチテナントのローコストPaaSで動かすというものです。

このPaaSには、無料で使えるティアと、有料のティアとが用意されていて、とりあえずデータポータルを立ち上げてみたいという地方公共団体などは無料のティアを利用して文字通り1クリック、費用負担なしでデータポータルを立ち上げることができます。

右の例はデモサイトで公開されているものですが、こうしたデータポータルを誰でもすぐに作ることができます。

こうして楽々とデータポータルを立ち上げた後、データポータルが市民に好評ですごく活用されるようになった暁には、「大量のデータを公開したい」「もっと大量のトラフィックをさばきたい」「Drupalをカスタマイズしたい」という希望が芽ばえた顧客をPaaSまるごと有料のティアに移行させることができます。彼らはこれをOpenSaaSとも呼んでいます。

興味のある方は是非デモサイトを使ってみてください。

出典: Free Hosted Open Data Portals for Local Governments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)