Open Government Partnership、新たに11ヶ国が加盟

2013年5月14日 in News


4月25日にロンドンで開催されたOpen Government Partnership(OGP)の会合において、OGPに新たに11ヶ国が加盟すると発表されました。OGPの加盟国はこれで58に大きく増えます。

アルゼンチン、コスタリカ、フィンランド、パナマ、トリニダード・トバゴ、ハンガリー、ガーナ、リベリアの8ヶ国は、執行運営委員会にオープンデータ推進の実行計画を説明し、ロシア、セルビア、モンゴル国の3ヶ国はこれから実行計画の作成にとりかかります。

OGP創設当初はその実効性に疑問を呈する向きも少なくありませんでした。しかし多くの事例が示すように、OGPに加盟にしてオープンデータ推進の実行プランを公開し、加盟国同士が競い合うことで、加盟国のオープンデータ推進はコミットメントからアクションへと飛躍的に進みます。

出典: Open Government Partnership welcomes 11 new countries

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)