NYの支出をチェックするCheckbook NYC、ついにオープンソース化。民間企業が100万ドル相当の支援提供

2013年6月10日 in News


ニューヨーク市の会計監査役John C. Liu氏はPersonal Democracy Forum 2013において、ニューヨーク市の日々の支払いデータを公開しているサイト”Checkbook NYC“をオープンソース化し、githubに公開したと発表しました。

Liu氏はOracleCGIに対して、両企業が市当局の財務管理情報システムとCheckbook NYCとをつなぎ、データを自動的に供給するアダプター開発に協力してくれたことに感謝の意を表しました。このアダプターによって、OracleやCGIを利用している他の自治体はCheckbook NYCを格段に導入しやすくなります。さらにLiu氏は、Checkbook NYCのオープンソース化や、アダプター開発のための技術支援や開発環境整備に尽力してくれたとして、REI Systemsに対しても謝意を表しました。

Oracle, CGI, REI Systemsがニューヨーク市に対して提供した支援は、合計で100万ドル相当に上ると試算されています。こうした新しいオープンな協働の取組に対して、 Personal Democracy Forumの創設者Andrew Rasiej氏は、ニューヨークはまさに20世紀の”E-Government”から21世紀の”We-Government”へ進歩しようとしていることの表れだと述べています。

Checkbook NYCのオープンソース化については、U.S. Public Interest Research GroupSunlight FoundationCode for Americaなども支持を表明しており、今後の広がりが期待されています。

出典:Liu Open-Sources Checkbook NYC

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)