Open Government Licence v2.0リリース、Non-endorcementを明記、OGLシンボルを導入

2013年7月1日 in News


イギリス国立公文書館(National Archives)は6月28日、Open Government Licence(OGL) v2.0をリリースしました。ライセンスの本文はこちらから参照できます。

OGL v2.0はOGL v1.0の基本的な用語や条件を引き継いでおり、大きな変更はありません。変更点は、Non-endorcementの項目を新たに設けてより明確に示したことと、OGLシンボルを導入したことです。

なお、v1.0で公開あるいは利用しているデータは、そのまま変更なく使えます。

 

出典: Open Government Licence v2.0

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)