Neighborhood Score、あなたの街の「住みやすさ」は何点?

2013年7月2日 in Special


スタートアップのAppalliciousNeighborhood Scoreというアプリケーションを開発しました。このアプリはサンフランシスコ市内の住みやすさをブロックごとに100点満点で評価します。連邦政府や州政府を始めとする地方公共団体、さらに民間企業が提供する20ほどのデータセットを使い、コミュニティ、経済、教育、環境、住居、公共部門、交通手段などの要因毎に採点します。

このiPhoneアプリは日本でも使えます。アプリを起動して最初の画面でNeighborhoodを選択すると、緑、黄色、赤などで色分けされたサンフランシスコのヒートマップが現れます。皆さんが予想している通り、緑は総合評価が高い場所を表し、赤は低い場所を表しています。地図を適当にリサイズして、自分が知りたいブロックを指で2秒以上押し続けると、そのブロックのスコアがポップアップで表示されます。

さらに細かいことを知りたければ、ポップアップにリストされている項目の右側の矢印をクリックすると、より詳細な評価を見ることができます。例えば、環境(Environment)では、木の密度、大気の質、大気汚染によるがんのリスク、交通騒音などの各項目についての評価を見ることができます。

Neighborhood Scoreは簡単に複製することができ、数週間で全米のどの都市でも利用できるようにできます。最近行われた全米市長会でサンフランシスコのリー市長がNeighborhood Scoreをプレゼンしたところ、多くの市長はこのアプリの採用に慎重な態度を見せたそうです。気持ちはわからなくはないですが、現実を踏まえた上で改善していく方が生産的ですし、いずれ誰かがNeighborhood Scoreを別の街に移植してしまうことを考えると、市長自らが採用を表明した方が良い結果を生むのではないでしょうか。

参考

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)