イタリア社会保障保険公社、320種類のデータセットを一気に公開

2013年7月11日 in News


イタリア社会保障保険公社(Istituto Nazionale della Previdenza Sociale, INPS)がデータ公開をより積極的に進めはじめました。もともとINPSは、2012年からOpen Data INPSを通じてデータ公開をしてきましたが、今回は320種類を超えるデータセットを一気に公開しました。

Open Data INPSは誰でも データをExcel, CSV, XMLでダウンロードすることができ、APIも用意されています。ライセンスはItalian Open Data License (IODL)2.0で、出典を明記するだけで自由に使うことができます。IODL1.0の際にやや問題となったShare-Alikeの制約はありません。利用者がデータセットに対する満足度を5段階で評価し、フィードバックする機能もあります。

データポータルでは掛金率(Contribution Rate)のデータをはじめとする年金に関する様々なデータが公開されていますが、その中でも特に人気があるのは早期退職条件のデータです。早く退職して人生をエンジョイしたい人が多いからでしょうか。「ベビー年金生活者」の削減に努力してきたINPSは、この人気ぶりにやや複雑な思いを抱いているかもしれません。

Requirements-for-access-to-early-retirement

Requirements for access to early retirement
(注: 原文はイタリア語、本画面は英語に翻訳したものです)

INPSは今回のデータ公開をもって、イタリアが先のG8ロック・アーン・サミットで合意した高付加価値データ公開において、「社会的流動性と福祉」分野のデータ公開に大いに貢献することになると述べています。政府から莫大な公的支援を受けているINPSですから、政府の国際公約実現に貢献できていることをアピールしたいという気持ちもよくわかります。

 

参考

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)