8/3(土)「ビッグデータ・オープンデータの活用アイデアコンテスト」にアイディアを出す文殊の知恵イベント

2013年7月14日 in Events, Special


画像の出典: https://www.facebook.com/bigdataopendata4city

画像の出典: https://www.facebook.com/bigdataopendata4city

Open Knowledge Foundation Japanと国際大学GLOCOM社会イノベーションラボは共催で、『「ビッグデータ・オープンデータの活用アイデアコンテスト」にアイディアを出す文殊の知恵イベント』と題したイベントを開催します。これは、「オープンデータトークシリーズ」の第4回目となります。ぜひお気軽にご参加ください。

開催概要

■日時:8/3(土)13:00~18:20

■場所:国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
    (東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)

■概要:
ビッグデータ・オープンデータ活用推進協議会が主催する「ビッグデータ・オープンデータの活用アイデアコンテスト」について、ひとりでデータを眺めているだけではなかなかその活用イメージが湧いてきづらい面があります。そこで、千葉市のデータを元にみんなで意見交換をしながら、その日のうちにコンテスト応募まで行おう、というイベントです。
ゲストスピーカーによる話題提供の後、グループに分かれてアイディアを練り上げていきます。以下のような方々の参加を想定しています。今回はアイディア出しがメインですので興味のある方はお気軽にご参加ください。

  • 千葉市のデータを活用して解決したい課題やビジネスの案を持ち、協力者を募集したい方
  • 上記の案に協力したい方
  • データ分析に興味のある方
  • 視覚化に興味のある方
  • アプリケーション開発に興味のある方
  • その他とにかく興味のある方

尚、プログラムの内容は当日までに一部変更が入る可能性がありますので予めご承知おきください。

■利用予定のデータ:
主に千葉市がホームページで公開しているデータの使用を想定していますが、それ以外のデータと組み合わせても構いません。事前にデータの内容に目を通しておくことをお薦めします。

■主な参加者:
松島隆一さん(千葉市)
伊藤直之さん(OKFJ / インテージ)
後藤真理絵さん(某情報通信会社アナリスト)
田島逸郎さん(Georepublic Japan)
庄司昌彦さん(国際大学GLOCOM / OKFJ代表)

■プログラム:
司会:Shu Higashi
13:00 開場
13:15 あいさつ(庄司昌彦さん)
13:20 「ビッグデータ・オープンデータの活用アイデアコンテスト」の趣旨と公開データ(松島隆一さん)
13:35 オープンデータをマーケティングに活かす(伊藤直之さん)
13:50 データの意味を伝える可視化表現(後藤 真理絵さん)
14:05 オープンデータを活用したアプリケーション開発(田島逸郎さん)
14:20 <休憩>
14:30 活用アイディア募集
15:00 席替え(グルーピング)
15:10 グループ討議
17:00 成果発表
17:30 コンテスト応募
18:00 あいさつ(庄司昌彦さん)
18:20 閉会
<懇親会は近所で適宜>

■参加費:無料

■主催:
国際大学GLOCOM社会イノベーションラボ 、オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン

■申し込みはこちらから:
http://peatix.com/event/16725/

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Shu Higashi (東 修作)

Written by

Georepublic Japan に勤務。OKJP事務局長及びオープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン 事務局を兼務。Code for Japan設立発起人。内閣府電子行政オープンデータ実務者会議利活用推進WG構成員。 OpenStreetMapという自由な世界地図を作る活動をきっかけにオープンデータの活動に関わりはじめました。主な関心領域はデータのライセンシング、コミュニティ活動、市民参画、国際連携など。 投稿記事の内容はあくまで個人としてのものであり、所属する組織を代表する見解ではありません。