ベンチャーキャピタルのヘルスケアIT投資が大幅増、オープンデータが後押し、2013年は20億ドルを超えるペース

2013年7月19日 in Special


ヘルスケアITへのベンチャーキャピタル(VC)の投資が大幅に増えています。コンサルティング企業Marcom Capital Groupのレポートによると、VCからヘルスケアITへの投資件数は第一四半期には104件であったのに対して、第二四半期には168件、6億2300万ドルへと大幅に増加しました。

Marcom Capital GroupのレポートはVCの投資傾向の変化についても指摘しており、かつては診療技術に重点的に投資してきたVCが、顧客関連技術へ投資対象を変えてきていると述べています。

実際に第二四半期においては、顧客関連技術を扱う企業がVCから112件の投資を受け約4億1600万ドルを獲得したのに対して、診療技術を扱う企業は顧客関連技術を扱う企業のおよそ半分、56件の投資で2億700万ドルを得たにとどまっています。

Mercom Capital GroupのCEO ラージ・プラブは、2013年におけるVCのヘスケアIT領域への投資は20億ドルを上回るペースで増えていると述べており、データを有益なアプリケーションやサービスに変えることを得意とする顧客関連技術企業にとって、オープンデータが有利に働いているのではないかと分析しています。

データを公開することでデータを利用して新サービスを生み出す企業が生まれ、そこに資金が集まるという好循環がヘルスケアIT分野では確実に起きています。

 

出典: VC funding in Healthcare IT witnessed 168 deals in Q2

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)