イギリス政府、支出をビジュアル化する新ツールをリリース

2013年7月31日 in News


イギリス政府が支出データをビジュアル化する新しいツール、GISTのβ版をリリースしました。GISTとは、Government Interrogating Spending Toolの略で、OSCARQDSという2種類のツールが含まれています。

OSCARとは、Online System for Central Accounting and Reportingの略で、イギリスの大蔵省(HM Treasury)が政府全体に渡って、主要な会計情報やデータの公式報告のために利用している財務報告システムです。QDSとは、Quarterly Data Summaryの略で、各部門の支出に注目して政府各部門の四半期ごとの支出額をビジュアル化してわかりやすく表示するツールです。もちろんロウデータもダウンロードできます。

Open Knowledge Foundation(UK)は、政府の無駄使いを追及したり、非効率を非難するだけでなく、市民も共に考えましょうブログで呼びかけてます。そのためには、さまざまな観点から予算を視覚化できるツールがあった方が良いとOpenSpendingも考えています。市民と政府が共に当事者として予算の使い道を考えるために、ハッカソンなどでもっといろいろな観点から支出や予算の財務データを分析できるツールを生み出していきましょう。

参考: What’s the deal with the UK government’s new spending tool?

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)