『文殊の知恵』でラクラク予選突破、次は幕張だ!4市協議会アイデアコンテスト(後編)

2013年8月6日 in Events, Special


千葉・福岡・武雄・奈良の4市によるビッグーデータ・オープンデータ活用推進協議会(以降、4市協議会)が開催中のアイデアコンテストに向けて、参加者がよってたかってアイデアをひねり出し、その場で提案書作ってエントリーしてしまおうという「文殊の知恵イベント」もいよいよ後半戦に突入です。今度は、前半戦で3名の若手専門家から貴重なインプットを受けた参加者の出番です。

ホワイトボードには事前に集めたアイデアがいくつか書き出されています。これにどれだけ追加できるかが勝負です。司会を務めるOKFJのShu Higashiの巧みなリードで次々と手が上がり、新しいアイデアがホワイトボードに書き出されていきます。最終的に19種類のアイデアをひねり出すことができました。提案された内容は 議会、介護、保育、教育、芸術などさまざまな分野に渡り、公共施設の有効活用や人口を増やす施策、千葉の優れた点をアピールする方法などユニークなアイデアも出てきました。

提案されたアイデアについては、参加者がそれぞれ希望するものを選び、グループに分かれて討議し、具体化していきます。最終ゴールは提案書を作成し、メールで4市協議会に提出することです。約2時間に渡るグループワークの結果、19のアイデアのうち11のアイデアが具体化され、提案できる状態にまでなりました

 

Monju-Idea-Presen-1

アイデア提案者によるプレゼンテーションの様子
(※本文中の「マイエリア」とは直接関係ありません)

 

その中の1つ、生活支援アプリ「マイエリア」について、特別に提案者から許可をいただくことができましたのでここでご紹介します。

「マイエリア」の特徴は、今、自分がいる場所から、1時間でどこまで行くことができるのか、2時間でどこまで行くことができるのか、というように移動に要する時間を基準にしてエリアをマッピングする点にあります。さらに「マイエリア」は、徒歩、公共交通機関、車などの移動手段ごとにエリアが表示され、公共交通機関については時刻表のデータをもとにして動的にエリアが変化します。

こうして移動時間ごと、移動手段ごとにエリアをマッピングした上に、公共施設や避難場所、コンビニなど、生活上重要な施設などの情報をプロットしていきます。徒歩ならこの施設まで行ける、バスを使えばさらにあそこまで行けるというように、今いる場所と時間、さらに移動手段に応じた自分の空間、マイエリアを正確に把握することができます。こうしてマイエリアの大きさと、マイエリア内の施設の充実度によって、その人にとっての街の魅力度がわかるようになります

約5時間にもおよぶアイデア出しイベントに参加していただいた皆さん、本当にお疲れさまでした。提案書の書類審査による一次審査をパスすると、次は11月10日(日)アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>における二次審査のプレゼンテーションです。

二次審査は4市の市長が出席する公開シンポジウムの中で行われますので、市長にアイデアを直接売り込むチャンスでもあります。アイデア提出の締切は8月31日。まだまだ出し足りない方、奮ってご応募ください

それでは、11月に幕張でお会いしましょう!

 

参考:

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)