オープンデータビジネスモデル(2) Total Weather Insurance、「個客」ごとに独自の保険商品をデザイン

2013年9月17日 in Special


2番目のオープンデータビジネス事例は、アメリカのインターネット保険会社The Climate Corporationが開発した農家向けの収入保障保険商品Total Weather Insuranceです。The Climate Corporationは2011年11月、米国立気象サービス(National Weather Service)および米農務省が公開しているデータを活用し、Total Weather Insuranceの提供を開始しました。

Total Weather Insuranceとは、農作物の収穫を妨げる悪天候に備えて年間を通じた収入を補償する保険であり、トウモロコシ、大豆、ソルガム(イネ科の1年草の植物・穀物)を対象としています。

 

 

Total Weather Insuranceでは、国立気象サービスがリアルタイムに提供する地域ごとの気象データに対して農地の標高や水域への近さなどの補正を加え、2.5平方マイル単位で雨量や気温をより正確に予測します。さらに農務省が提供する過去60年の収穫量データ、土壌の水分量を毎日計測するSoil Moisture Trackerからの土壌データを活用して、顧客ごとに保険商品をカスタマイズして提供します。

保険によってカバーされるリスクは作物ごとに違いがあります。例えばトウモロコシに対しては、種まき期の降水量、過剰降雨、干ばつ、日中の熱による影響、夜間の熱による影響、冷害や凍結などのリスク要因が対象となります。

 

 

Total Weather InsuranceではFarm-Level Optimizerという技術によって、作物、場所、土壌のタイプが異なるそれぞれの生産者に対し、収穫量を左右する気象条件を動的に判定しています。250万カ所の気象測定データと、主要な気象予測モデルから得られる日々の気象予報のデータを、1500億カ所の土壌観察のデータと組み合わせて処理することで、10兆にも上る気象シミュレーションのポイントを生成し、保険価格を決定したりリスク分析をしています。

The Climate Corporationには数学、統計、神経科学などの博士号を取得したデータ解析の専門家であるデータサイエンティストが10数名在籍しており、ビッグデータの解析業務に従事しています。システムはAmazon Web Services(AWS)を使用し、50テラバイトのデータを処理しています。

Total Weather Insuranceのビジネスモデルは、Business Model Generationにおけるロングテールに属します。ロングテールとは、多品種の製品やサービスを少数の顧客に販売するタイプのモデルで、Total Weather Insuranceはまさに「個客」ごとに独自の保険商品をデザインして提供しています。

 

BMG-TWI-3

 

Total Weather Insuranceのビジネスモデルの特徴は、10兆ものシミュレーションポイントによって顧客ごとに最適にカスタマイズされた個別商品を提供している点にあります。こうしたハイレベルなカスタマイズを可能にしているのは、The Climate Corporationが開発したFarm-Level Optimizerという技術です。このFarm-Level Optimizerを開発したのは、データ解析のプロであるデータサイエンティストたちであり、世界的な人材に不足によって多くの企業が採用できずに困っている優秀なデータサイエンティストを10数名も揃えることができたことが成功の最大の要因であると言えます。

Total Weather Insuranceは、保険の申し込みやリスク判定、収入保障金の支払いなどを徹底的に自動化する一方、顧客とのチャネルは認証エージェントを通した形に統一しています。顧客である農家のニーズは千差万別であり、農家は認証エージェントによるフェイストゥフェイスの個別対応の方がより好ましいとみなしていると考えられます。

The Climate Corporationは、農家に対してインターネットでダイレクトに保険を販売する形が取れるにもかかわらず、あえて認証エージェントを置くことによって、製品のみならずカスタマーサービスにおいても個客性を高め、ロイヤリティの獲得に成功しています。

 

 

0 responses to オープンデータビジネスモデル(2) Total Weather Insurance、「個客」ごとに独自の保険商品をデザイン

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)