天からの眺め、フランス、ロワール=アトランティック県がリリース

2013年9月30日 in Special


フランス西部、大西洋に接しナント市が位置するロワール=アトランティック県が「天からの眺め(Vue Du Ciel, View From Heaven)」というアプリケーションを開発しました。「天からの眺め」は約6,815平方キロメートルに及ぶロワール=アトランティック県全域を、約6,500枚の画像データでカバーし、上空からの様子をシームレスに見ることができるアプリケーションです。

「天からの眺め」が優れているのは、2012年に撮影した画像と過去の画像を並べて比較できる点です。過去の画像データとしては、2009、2004、1999、1949年の4種類が提供されており、さらに1850年の地図データとの対比もできるようになっています。場所の移動やズームイン/アウトなどの操作に対して、左右の地図はスムーズに連動して動きます。画像の精度はピクセルあたり20センチメートルとのことです。

「天からの眺め」では、2012年の画像データをECW形式で自由にダウンロードすることもできます。ライセンスはCreative Commons Attribution – Share Alike 2.0 (CC-BY -SA)が採用されています。

以下の画面はナント市郊外の様子を表したもので、2012年(左)と1999年(右)でどのように変化してきたのかを眺めたものです。天から眺めると、ナント市郊外ではこの期間に農地が工場や住宅へと変わったことがよく分かります。

 

 

興味のある場所を選び、左の画面で2012年の状況を確認し、さらに右側で1850年から1949年、2004年とさかのぼることで、その土地がどのように変わってきたのかを、まさに天から眺めることができます。天国のご先祖様たちがロワール=アトランティック県の変化の様子をどのように感じているのかは、神のみぞ知るところです。

 

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)