英Open Data Institute、世界に13拠点を展開

2013年10月30日 in News


英国でオープンデータの普及、特にスタートアップ育成を支援しているOpen Data Institute(ODI)が、世界に13拠点を設置したと発表しました。米国とカナダには国レベルの拠点が置かれ、全国的にODIの活動を展開していきます。ODIの拠点は以下の通り3つのレベルに分類されています。

  • 国レベル:米国、カナダ
  • 市・地方レベル:ドバイ(UAE)、シカゴ(米)、ノースカロライナ(米)、パリ(仏)、トレント(伊)、ブライトン(英)、マンチェスター(英)、リーズ(英)
  • コミュニティ:モスクワ(露)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)、ヨーテボリ(スウェーデン)

先日、米国のデータポータルベンダーのSocrataがODIのメンバーに加わるなど、英米の間での協働体制作りは急ピッチで進んでいます。ちなみにG8でODIの拠点が1つもないのはドイツと日本です。

 

参考

Open Data Institute creates 13 ‘Nodes’ around the world

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)