ファイザー、臨床試験データへのアクセスポリシーを大幅緩和、Blue Buttonでダウンロード可能に

2013年12月6日 in News


2013年12月4日、売上世界一の製薬メーカーであるファイザーは、臨床試験データへのアクセスポリシーを大幅に緩和すると発表しましたた。新しいアクセスポリシーでは、2014年1月1日から研究者に対して匿名化処理済みの臨床試験データ提供を開始することに加えて、臨床試験に参加した人はBlue Buttonによって自身の臨床試験データをすべてダウンロードできるようになります。

 

参考: Pfizer Expands Clinical Trial Data Access Policy And Launches Data Access Portal(Pfizer, 2013/12/4)

2 responses to ファイザー、臨床試験データへのアクセスポリシーを大幅緩和、Blue Buttonでダウンロード可能に

  1. いつも役に立つ情報をいただいてありがとうございます。
    エントリ中のBlueButtonって何だろうと思い調べてみたところ、Mydata initiatvesの個人用医療情報サイトのことだったんですね。http://www.bluebuttondata.org
    ファイザーの青いマークと関係あるのかと勘違いしておりました。

  2. コメントならびに補足していただき、ありがとうございます。
    ご指摘の通りです。説明が足りず、申し訳ありませんでした。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tomihiko Azuma

Written by

Chief Fellow, Institute for International Socio-Economic Studies (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)