オープンな契約のための原則

2014年4月11日 in News


(訳注:この記事は本家OKFn.org記事の日本語訳です)

次のゲスト投稿は、オープン・コントラクティング・パートナーシップによるもので、オープン・コントラクティング(オープンな契約)のための原則のリリース発表です。これは彼らのウェブサイトからのクロスポストです。

Contracts by NobMouse, on Flickr. CC-BY

過去1年にわたり、オープン・コントラクティング・パートナーシップは、世界中のオープンな契約を進めようと努力する全ての人のためのガイドとして活用できる、ひと組のグローバルな原則を作成するためにグローバルな協議手続きを推進してきました。

この原則は、公的な契約における、開示と参加に関係する世界中の規範とベスト・プラクティスを反映しています。

これらはほぼ200人のメンバーによる入力とフィードバックで作成されました。政府、民間セクター、市民社会、寄付組織および国際金融機関からのオープン・コントラクティングのコミュニティです。
これらの共同作業者は、様々な分野個別の観点(サービス提供、インフラストラクチャー、採取産業および土地といった)からの入力に貢献しました。

オープン・コントラクティング・パートナーシップはあなたの質問、コメントあるいはフィードバックをすべて歓迎します。partnership@open-contracting.com に連絡してください。

オープンな契約のグローバルな法則

前文:
これらの原則は、公的な契約における開示と参加を増やすことは、契約をより競争にさらし、公平にし、契約の履行を改善し、開発結果を保証する効果を持つであろう、という信念を反映しています。
機密性の正当な必要性が例外的な状況で免除を正当化するかもしれないことを認識する一方で、これらの原則は意味のある理解、有効な監視、効率的なパフォーマンスおよび支出に対する説明責任を可能にするやり方で、公的な契約に関係する文書と情報を肯定的に開示する政府および他の利害関係者をガイドすることを意図しています。
これらの原則は分野個別及び地域の文脈に適合させ、セクターに基づく透明性イニシアチブおよびグローバルなオープンガバメント運動を補足すべきものです。

肯定的な開示

  1. 政府は、国民が公的な契約の構成、発注額、実行、実績および完成と関係する情報にアクセスする権利を認識するものとします。
  2. 公的な契約は、開示に関する政策を含むプロセスが機能することを説明する、公に開示された規則に従って、透明で公正なやり方で行なわれるものとします。
  3. 政府は、公的な資源の非効率、無駄、不正な使用に対する防衛策としてメディアと市民社会を含む国民が理解し監視することを可能にする公的な契約の構成、発注額、実行、実績および完成に関する十分な情報のタイムリーな現在の、定例的な公開を要求するものとします。これは、次のような肯定的な開示を必要とするでしょう:
    1. 公共財、財産、資源を交換するための契約(利用許諾を含む)、免許、許可、認可及びその他あらゆる文書(すべての付属書類、スケジュール、および参照のために一体となった文書を含む)およびそれらへのあらゆる修正。
    2. 関連する事前研究、入札書類、実績評価、保証および監査報告。
    3. 次のものを含む契約の構成に関する情報:
      1. 調達の計画策定プロセス;
      2. 調達あるいは発注額およびその正当化の方法;
      3. 各契約の範囲および仕様;
      4. 評価と選択の基準;
      5. 入札者あるいは手続き中の参加者、彼らの確認文書、および彼らが資格を得るための任意の手続き的な免除;
      6. 無保証の利害の衝突あるいは適用禁止措置;
      7. 発注額の正当性の理由を含む評価の結果;
      8. 及び、契約受取人の同一性および提供された受益所有権のあらゆる陳述;
    4. 次のもののような下請けの取り決めに関する情報を含む公的な契約の履行および完成に関係する情報:
      1. 実行時の主要なマイルストーンを含む一般的なスケジュールおよびそれに対するあらゆる変更;
      2. マイルストーンに対する実装の状態;
      3. 行なわれたか受け取られた段階支払いの日付および金額(総額に対して)およびそれらの支払いのソース;
      4. サービス提供と価格設定;
      5. 契約を終了するための取り決め;
      6. 最終的解決と責任;
      7. 環境上の評価および社会的影響評価を含むリスク評価;
      8. 契約と関係する政府の資産と負債の評価;
      9. 進行中の危険および負債の適切な管理を保証する適所の対策;
      10. 及び、時間と予算超過(もしあれば)のような、収入と消費に関する適切な財務情報。
  4. 政府は、オープンで構造化された形式での公的な契約の構成、発注額、実行、実績および完成に関する契約データを集めて、管理し、単純化し、かつ公表するためにオープンな契約データ標準に従って(それらがユーザー・フレンドリーで検索可能な手法で開発されているように)システムを開発するものとします。
  5. 法によって厳密に定義されたあらゆる例外や制限で、この情報へのアクセスが論争中であるところの即時償還請求に対して市民が有効にアクセスすることを保証し、公に利用可能となった契約情報はできるだけ完全であるものとします。
  6. 国際金融機関を含む契約当事者は、機密条項を排除し、許容可能な制限のある免除だけをカバーするために機密性を厳密に立案し、あるいは公表される契約および関連情報を認める契約条項および条件内の規定を含んでいることによって、将来の契約の開示を支援するものとします。
  7. 参加、監視および監督

  8. 政府は、公的な契約の構成、発注額、実行、実績および完成の監督に国民が参加する権利を認識するものとします。
  9. 政府は許可する環境を促進するものとします。
    それは計画段階から契約上の義務の完成までの立法(それは公的な契約の公のコンサルテーションと監視のために機会を認識し、促進し、保護し、作成します)を含んでいるかもしれません。
  10. 政府は、すべての適切な利害関係者に資格を与えるために、公的な契約を理解し、監視し、そして改善するために、そして参加型の公的な契約を支援する持続可能な資金調達メカニズムを作成するために、民間セクター、寄付者および市民社会と一緒に働くものとします。
  11. 政府には、公開された情報にアクセスし活用し、市民からのフィードバックを元に承認し、行動し、契約の成果の質を改善するために契約当事者と市民社会の団体との間の対話およびコンサルテーションを促進するための、議会、監査機関および実施機関を含む監督当局を確保する義務があります。
  12. 重大な影響を持つ個々の契約に関して、契約当事者は、契約の管理における市民コンサルテーションおよび参画用の戦略を作るべきです。

原文(2013/6/24 Open Knowledge Foundation Blog 記事より):
Original post Principles for Open Contracting / Open Contracting Partnership, licensed under CC BY 3.0.

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

okfj

Written by