オバマの新しい気候アクションプランは、気候変動に取り組むためにオープンデータをどのように使うのでしょうか?

2014年4月17日 in News


(訳注:この記事は本家OKFn.org記事の日本語訳です)

昨夜(訳注:2013年6月24日)、バラク・オバマ米国大統領は気候変動と戦うための大掛かりな新しいアクションプランを発表しました。計画は、炭素排出削減の達成においてより強い国際的なリーダーシップをとることと同時に、石炭を規制し、多くの分野の排出をカットし、グリーン・エネルギーを加速させ、気候の回復力を増加させる法案を含んでいます。

私たちは、計画が気候変動に取り組むためにオープンデータの利用を含んでいることが分かって嬉しく思います。

それは特に新しい「気候データ・イニシアチブ」を発表しており、以下のように記述されています

オープンデータに関する2013年5月の大統領令と整合し、また、自由に利用可能なオープンガバメント・データは起業家精神、革新、科学的発見および公益に燃料を供給するかもしれないという認識のもと、広範囲な連邦気候関連データをてこ入れして、国家気象変動予防措置法の支援で、革新と民間セクターの起業家精神を刺激するために政府は、気候データ・イニシアチブをローンチしつつあります。

これは、沿岸地域用危険分析用ツールのようなものを含む「データ駆動の回復力ツール、サービスおよびベスト・プラクティスへのアクセスを中心に集める仮想気候回復力ツールキット」の開発に活気を与えるでしょう。

さらにメタン排出に関するデータにおけるギャップの評価に取り組み、連邦政府機関からのエネルギー・データをそのエネルギー消費をカットするために利用すること、についても言及があります。

新しい計画は全面的である一方で、気候変動への準備に向けてオープンデータを利用することに重点を置いています。私たちは、オバマ政権が気候変動を防ごうとする試みにおける炭素排出の透明性の役割も同様に認識することを希望します。-環境と天候における変化の監視によるものと同様に、排出を追跡し大きな汚染者を把握することによって説明責任を果たすために。

オバマが議会からの計画への重要な反対に直面するであろうことは間違いありません。従って彼は、その多くの部分を実装するために前方にある長い戦いに引き続き取り組むでしょう。気候の回復力を増加させて連邦政府機関で排出削減を達成することは、エネルギープラントからの排出を削減する広大なタスクよりはるかに容易に勝利できるでしょう。それは、米国全体の排出量の3分の2以上を占めています。

オバマは大きな汚染者からの大きな削減を保証する必要があります。また、彼、および私たちは、進捗が約束通りかどうか確かめるために数字から目を離さないようにする必要があります。

私たちは、気候回復力を増加させて、連邦エネルギー効率を減少させるのと同様に説明責任を果たすために汚染者を把握する際にも、オープンデータの役割を彼の政権が認識し続けることを望みます。

世界の炭素排出データをオープンにする私たちの努力について、もっと知りたい場合は、ツイッター上の#OpenCO2 をフォローするか、あるいは私たちのopen-sustainability のメーリング・リストにサインアップことができます:


Image credits: “2012 was the second most extreme year on record for the nation” – detail from White House infographic to accompany Obama’s climate action plan.

原文(2013/6/26 Open Knowledge Foundation Blog 記事より):
Original post How is Obama’s new climate action plan going to use open data to tackle climate change? / Jonathan Gray, licensed under CC BY 3.0.

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

okfj

Written by