Crowdcrafting:市民科学のコントロールに市民を入れる

2014年4月23日 in News


(訳注:この記事は本家OKFn.org記事の日本語訳です)

プレス・リリース:ジュネーブ、2013年9月17日

世界のオープンデータをリードするイベントであるオープン・ナレッジ・カンファレンスにおいて、オープン・ナレッジ財団の共同代表者ルーファス・ポロックは本日オープン・ソース・プラットフォームのCrowdcrafting が、120以上のプロジェクトを提供するようになったと発表しました。これにより世界のオンライン市民科学およびクラウドソースされたデータ分析のための最も多様なオープン・ソース・プラットフォームになったといえるでしょう。

Crowdcrafting は、6か月前に始められた市民サイバー科学センターオープン・ナレッジ財団との共同作業によるものです。その公開以来、多くの重要なプロジェクトがこのツールを利用して、構築・展開されています。

例えば、ForestWatchers というプロジェクトは、地域開発における森林破壊の市民ベースの監視を可能にします。
Crowdcrafting のオープン・ソース技術に基づき、各分野での市民からのローカルの知識がオンライン参加者によって作られた地図に統合できる第2フェーズのためにオープン・ソサエティ財団のサポートを受けました。

反物質のcrowdcrafting

別のプロジェクトRural GeoLocator はバーゼルのスイス熱帯・公衆衛生研究所の公衆衛生コンピューティング・グループによるものです。このアプリケーションのゴールは、マラリアをコントロールするための革新的な蚊の駆除技術の可能性を研究するSolarMalプロジェクトを支援することです。家屋の地理的な位置はSolarMalプロジェクトのプロジェクト・ロジスティクスおよび分析に通知するために使用されるでしょう。

Crowdcrafting上で動いている他のプロジェクトには次のようなものがあります。「反物質は上へのぼるか下に落ちるか?」という反物質に対する重力の影響を調査するアプリケーション。大気汚染レベルの指標として地衣類を分析し分類する、地衣類による大気品質。またシェルによって提供される文書からのニジェール・デルタ内の石油流出の位置を転記することを目標とするShell JIV transcription プロジェクト。このプラットフォームの広い力と可能性に気付き、シャットルワース財団は、今月Crowdcraftingのリード開発者である、市民サイバー科学センターのDaniel Lombrana Gonzalez にその有名なフェローシップのひとつを授与しました。

最近の新しい開発にはモバイルフォン経由でのセンサー情報の収集が含まれ、Crowdcrafting の対応範囲を拡張しました。オープン・ナレッジ財団のオープンデータ用の最も重要なCKAN データベースとのシームレスな統合は、このツールがオープン・サイエンスの将来の重要な部分を担うであろうということを意味します。

オープン・ナレッジ・カンファレンスの基調講演者であり、CERNおよびKing’s College London の世界に名高い理論物理学者のジョン・エリスは次のようにコメントしました:

「私は、8月のCERN Webfest の学生が、どのように週末の間だけで反物質に関するCERN のデータを新しい市民科学プロジェクトに変えることができたかということに、大変驚きました。これは、Crowdcrafting プラットフォームの力を示すものです。」

同じオープン・ナレッジ・カンファレンスで、国連訓練調査研究所の研究の管理者であり、市民サイバー科学センターの設立パートナーのひとりであるフランチェスコ・ピサーノ、も注目を促しました:

「Crowdcraftingは単なる基礎科学用のツール以上のものです。我々のUNOSATプログラムは、効率的に自然災害や他の人道主義的な危機の後に情報と評価を作成する際に、国連や多くのNGOがしなければならない仕事とボランティアのコンピューティングの力を組み合わせる技術を取り入れています。」

オープン・ナレッジ・カンファレンスのオープン及び市民科学に関するサテライト・イベントをホストしているジュネーブ大学の研究副総長、Denis Hochstrasser はさらに次のように付け加えました:

「私は、Crowdcraftingプラットフォームがここジュネーブ大学にベースを置くことを誇りにしています。また、私は、生物医学研究、市民科学に対するこの草の根のアプローチが、我々の大学のコア・コンピタンスに大規模な影響を及ぼすだろうと個人的に確信しています。この領域では以前にも増して、患者のコミュニティが積極的に自分の医療データを収集・分析しています。」

おわり


Crowdcrafting は、今週ジュネーブで開催されるオープン・ナレッジ・カンファレンスでのオープン及び市民科学に関する特別サテライト・イベント内で重要な役割を演じるでしょう。そこではDaniel Lombrana Gonzalez が新規利用が見込まれる人たちにプロジェクトのセット・アップを手伝ってくれるでしょう。

原文(2013/9/17 Open Knowledge Foundation Blog 記事より):
Original post Crowdcrafting: Putting Citizens in Control of Citizen Science / Open Knowledge Foundation, licensed under CC BY 3.0.

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

okfj

Written by