VozData – データをオープンにするための新しいアルゼンチン市民のプラットフォーム

2014年5月5日 in News


VozData

これはアルゼンチンLa NationFlorencia Coelho によるゲストブログ投稿です。

LA NACION は先日VozData(利用者が公用文書をPDFから理解可能な構造化されたデータベースに変換することを可能にする協働的なプラットフォーム)をローンチしました。その最初のプロジェクトでは、利用者はこのサイトで上院の2010年から2012年までの経費の6500を超える読取結果をチェックし分類することができます。- これまでのところ、わずか数週間で4000部以上の文書が利用者によって処理されました。これは公的支出のうち39百万アルゼンチン・ペソ以上に関わっています。

VozData はlanacion.com のデータ・セクション(LNdata)からリンクされ、Facebook、Google+ あるいはLA NACION の上のアカウントを使ってあらゆる市民が、構造化したデータの作成に参加し、かつ公的支出に関するこれらの文書を分類できるようにします。

VozData

この共同作業の結果は、受取人と支出の種別の順で並び替えられたランキングによりリアル・タイムにウェブサイト上で公表されます。より多くの文書を確認し分類した利用者のランキングもできる予定です。VozData は、FOIA 法を持たない国の中で、アルゼンチンおよびラテンアメリカでは、LA NACION が市民参加を促進するこの手のものとしては初めてのものです。

VozData

LNDataチームは、Cristian Bertelegni と一緒に2人のKnight-Mozilla OpenNews のフェロー(Manuel AristaranGabriela Rodriguez )が開発し、このプロジェクトをリードしています。

VozdataはPropublica のFree the Files プロジェクトとThe Guardian のMP´s Expenses によって触発されたものです。そこでも市民がDocumentcloud にホストされた、構造化されていない文書の監視と理解できるデータセットへの変換を手伝ってくれました。

プロジェクトの最後には、データはすべてオープンな形式(CVS、XLS、JSON)で利用可能になる予定です。さらに、サイトのソースコードは、他のメディアや、例えば世界中の透明性活動家による再利用を促すために、オープンソースとしてまもなくリリースされるでしょう。こちらで試すことができます。

写真はLA NACION の厚意によるものです。

原文(2014/5/1 Open Knowledge Foundation Blog 記事より):
Original post VozData – new Argentinean citizen platform for opening data / Florencia Coelho, licensed under CC BY 3.0.

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

okfj

Written by