あなたが必要です!データの学校のフェローになろう

2014年5月12日 in News


IMG_6400

共有すべきデータスキルを持っていますか?データを情報に変えたいコミュニティのメンバーですか?データ・ジャーナリズム、市民活動家プロジェクト、あるいはデータをより有効に使用するための努力が必要な組織について知っていますか?データの学校はあなたが必要です!私たちは、現在世界中にデータスキルを広げる努力を進めています。また、あなたのような人々はこの努力において重要です:新しい学習者には、途中で支援するガイダンスと人々が必要です。手を挙げて、**データの学校のフェロー**になってください。

私たちは次のようなプロフィールに適合する人々を捜しています:

  • データ実務知識:データに関わる仕事に携わった経験があり、データスキルを教える情熱がある。
  • アドボカシー、キャンペーンおよびストーリーテリングを通じて民間非営利組織(NGO)およびメディアが肯定的な変化をもたらす役割を解している。フェローは、パートナーがトレーニングと継続的な支援を通じてデータを有効に利用できるようにすることに関してとても熱心。
  • ジャーナリズムや市民社会で働くことに興味や経験がある。
  • 何らかのファシリテーション技術を持っており、コミュニティ構築(オンラインとオフライン両方)が楽しみ。
  • データ好きな人たちの国際社会から学習し、つながりたいと強く望んでいる。

データの学校のフェローとして、イベントをオーガナイズし、コミュニティを構築するための指導と併せ、あなたはデータとリーダシップの訓練を受けることになります。さらに、あなたは、リソースと知識を共有するネットワークの効果によって利益を得、また私たちの教育訓練をローカライズするのに最適な方法についての理解に寄与し、データ実践者の学校の成長しているグローバネットワークの一部になるでしょう。

オンラインやオフラインのトレーニングへの出席、イベトのオーガナイズ、そしてデータの学校コミュニティの活動的なメンバーであることを含め、あなたは、月に平均5日間私たちと仕事をすることが期待される、6か月のトレーニング・プログラムの一部になるでしょう。

データの学校訓練プログラムのフェローの枠は10まであり、2014年7月から12月の間開校されます。

私たちは現在、次の各国から、フェローのサポートを確認済みの協働とリソース割り当てがあります:ルーマニア、ハンガリー、南アフリカ、インドネシアおよびタンザニア。さらに、私たちは、これらの基準を満たす国々から今回の残り5つの枠のための応募者を検討することができます:

  • 各国はここで分類されているように、低位所得国低中位所得国あるいは上中位所得国のカテゴリーのいずれかに入ります。
  • そのようなスキームから利益を得たい市民社会組織やジャーナリストからの需要があります。
  • さらに調査する価値があるだろう国において利用可能ないくつかの興味深いデータセットがあります。これらは、政府や組織が公表したデータ、あるいは自分の内部利用のための組織が集めたデータ、のいずれかです。デジタル化されていても、そうでなくても大丈夫です!私たちは様々な挑戦に強い関心があり、フェローの支援が様々な状況に教育技術を適応させることを望みます。

私たちのゴールはこれらの国々が広く混じりあうことでグローバルなフェローを持つことです。あなたの国がリストにありませんか?よく読んでどうやったら参加できるか知ってください!

質問がありますか?フェローシップ・プログラムの詳細はこちら。よくある質問(FAQ)のページもご覧ください。答えが見つからない場合は、schoolofdata@okfn.org 上でメールをください。

あなたがプロフィールに適合しているかどうかよく分からない?現在、誰がフェローか見てください!

確認できましたか?データの学校のフェローになるために今すぐ応募してください。応募は2014年6月1日まで受け付けます。プログラムは2014年7月に開始予定です。

原文(2014/5/9 Open Knowledge Foundation Blog 記事より):
Original post We need you! Become a School of Data Fellow / Milena Marin, licensed under CC BY 3.0.

1 response to あなたが必要です!データの学校のフェローになろう

  1. 日本は上位所得国なので、無理なんですね・・・。残念です。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

okfj

Written by