Froide v3.0の発表 – オープン・ソースのPythonベースの情報の自由(FOI)プラットフォーム

2014年5月18日 in News


オープン・ソースの、情報の自由ポータルを運営するためのPythonベースのプラットフォーム「Froide」のバージョン3リリースを発表することができて、嬉しく思います。(訳注:2013年3月の記事)Froide はほぼ2年間開発が続いていました。1年半以上ドイツのFOIポータルとして稼動してきましたが、最近オーストリアのFoIサイトのローンチでも利用されました。

Froide の使い方についての全手順はこちらにあります。また、ソース・コードは、こちらのgithub からオンラインで利用できます。この最新リリースは、Python ウェブ・フレームワーク Django 1.5 と Bootstrap 2.3の最新バージョンを使っています。(訳注:2014年5月現在Django1.6に対応)他のすべての依存ライブラリなどもアップグレードされました。

主な特徴は以下の通りです:

  • 国際化とローカライズ – 既定の言語は英語ですが、主なデプロイはドイツ語で行われています!
  • テーマ性:Django アプリを簡単に作れ、テーマを変えたりプラットフォームを拡張したりできます。
  • 構成:ニーズに合わせて設定を変えられます。
  • ドキュメンテーション:詳細な文書を見ながら簡単に始められます。
  • 着脱可能な検索バックエンド(Solr, Xapian, Elasticsearch, Whoosh, DB)。
  • オープンソース:コードはGithub 上で活発に開発されています。
  • テスト済:高テスト網羅率とブラウザ内テストが安定性を保証します。
  • その他:詳細はランディングページを参照。

FragDenStaat.de – その状態を尋ねる

Froide は2011年の春に始まりましたが、その時にOKFドイツはFOI サイトを作ることを決めたのです。不運にも、当時WhatDoTheyKnow のコードは、他のところで(Alaveteli は全く存在しませんでした – 加えて、白状すると私はpython 使いなのに、それはruby のアプリだったのです!)利用できる準備ができていませんでした。そこで私は、隅々まで国際化された、ドイツのためのPython/Django ベースのFOI プラットフォームを構築し始めました。4か月のコーディングと準備の後、私たちはFragDenStaat.de(ドイツのFOIポータル) を2011年8月にローンチしました。

それ以来、このソフトウェアには継続な改善と機能追加が行われてきました。追加機能の中には要求事項のコスト追跡、当局からの返信郵便物のアップロード、オンラインの公開PDFからの要求者氏名非表示、といったドイツ向けの特定の要求事項がきっかけになっているものがあります。Froideは、コミュニティのモデレータがそのFOI の道のりにおいて管理タスクを手伝い、要求者を案内できるようにするDjango 管理者の力を増大させます。

つい最近、FragDenStaat.de には弟分ができました:オーストリアのFOI ポータルFragDenStaat.at が動き始め、オーストリアで準備中のFOI 法制化の開発を追跡するでしょう。

挑戦は克服します

過去2年以上にわたり、ドイツのFOIコミュニティは多数のFOIに関わる難問と戦い、克服してきました:根拠のないコストの脅威、多くの反デジタル的な振る舞い、そして情報を公表することができない理由に対する非常に創造的な弁解など。FragDenStaat.de は3000を超える要求を送り出してきました。そして2012年の連邦FOI 統計は、FragDenStaat.de によって伝えられ追跡された要求の3分の1を超える最高値にあります。

最も面白い物語のひとつは、FOI 経由で受け取った文書の出版の禁止でした:ドイツ議会は国会議員の汚職に関する報告書を送付しましたが、著作権の理由でそれを公表する権利を否定しました。市民なら誰でも要求すれば報告書を取得して読むことができました。しかし、誰もそれを自由に共有することを認められなかったのです!このカフカ的な状況は、その話題に関する言葉を拡散することを困難にし、公開討論を制限しました。しかし、私たちは、この問題の解決策を即座に考え出しました:この特定の文書に対するあなたの名前でのワン・クリックの要求です。この要求には何百もの人々が即座に参加し、この話題に関する討論の口火を切りました。たとえこの文書がネット上で漏らされたとしても、ドイツの議会は依然として公表を拒絶します。この問題にはまもなく司法の判断が下されるでしょう。しかし、それまで私たちは文書を要求し、かつFOIの立場をとる、容易な手段を提供し続けます。

奥付

Froide とFragDenStaat.de はオープン・ナレッジ・ファウンデーション・ドイツのシビック・コーディング・プロジェクトです。他のプロジェクトもチェックしてください。

この記事ではAlaveteliMySociety の偉大な人々によって構築された優れたオープンソースのRuby on Rails FOIソフトウェア)そしてWhatDoTheyKnow (英国のためにMySocietyが構築したオリジナルのFOIサイトで、FragDenStaat と世界中の他の多くのサイトの両方を触発しました)のことも取り上げないわけには行きません。

原文(2013/3/15 Open Knowledge Foundation Blog 記事より):
Original post WeAnnouncing v3.0 of Froide ? the Open-Source Python-Based Freedom of Information Platform / Stefan Wehrmeyer, licensed under CC BY 3.0.

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

okfj

Written by