12/4(木)オープンコーポレイツのクリス・タガート氏と法人情報オープン化の世界動向を語る

2014年12月3日 in Events, Featured


法人データのオープン化をグローバルに進めている世界最大の法人データベースサイトOpenCorporatesを運営しているCrinton Ltd.のCEOかつ共同創設者であるChris Taggart氏が来日する機会をとらえて、オープン・ナレッジ・ジャパンは国際大学グローバル・コミュニケーション・センター、一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンとともにトークセッションを共催いたします。

Chris Taggart氏は、2010年12月にOpenCorporatesを開設し、世界中に分散しているそれぞれの法人に関する情報を一つのURLのもとで、誰でもが、アクセスし、(改変した場合には元の作品と同じライセンスで公開することを条件に)二次利用できる活動を展開しています。オープン・ナレッジによる2014グローバル・オープンデータ・インデックスでは、日本政府のオープンデータの水準は世界第20位(暫定)であり、順位が低いことの最大の要因は法人情報の公開性の低さにあります(http://global.census.okfn.org/)。世界最先端IT国家創造宣言は、日本政府のオープンデータの水準について「2015 年度末には、他の先進国と同水準の公開内容を実現する」と明言していますが、法人情報についてはほど遠い状況にあります。法人情報のオープン化運動で世界をリードしているChris Taggart 氏と、日本の法人情報オープン化の戦略について議論します。

詳細は下記申し込みサイトをご参照ください。

世界的な企業情報オープン化の動向とその展望【公開コロキウム】(主催:GLOCOM)
申し込みサイト

画像クレジット;”OpenlyLocal, OpenCorporates, opening up local and global data” / re:publica / CC BY 2.0

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

okfj

Written by