国際オープンデータ憲章(International Open Data Charter)がコメント受付中

2015年6月7日 in Featured, News


「国際オープンデータ憲章(International Open Data Charter)」というものを作る動きがあります。オープンガバメントパートナーシップ等を中心とする人々が進めているようです。

下記のサイトで憲章の案が公開されており、7月30日までコメントを受付けるそうです。
http://opendatacharter.net/charter/

提案された内容については、関係者で8月第2週いっぱいでレビューされ、8月下旬には改訂版が出るというスケジュールで検討が進みます。そして9月に米国で開催される国連総会や、10月にメキシコで開催されるオープンガバメントパートナーシップ(OGP)グローバルサミット、11月にトルコで開催されるG20サミット、年末にフランスで開催されるCOP(気候変動枠組条約締約国会議)に向けて「Big Push」されるようです。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Masahiko Shoji

Written by

庄司 昌彦(しょうじ まさひこ)一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン代表理事。国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)准教授・主任研究員。1976年、東京都生まれ。中央大学大学院総合政策研究科修士課程修了。おもな関心テーマは情報社会学、電子行政・オープンガバメント、地域情報化、社会イノベーションなど。2010-12年、内閣官房IT戦略本部「電子行政に関するタスクフォース」構成員として「電子行政オープンデータ戦略」につながる議論に参画。2016年3月より内閣官房IT総合戦略室オープンデータ伝道師。2015年より総務省地域情報化アドバイザー。その他、一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)理事なども務めている。著書(共著)に『地域SNS最前線 Web2.0時代のまちおこし実践ガイド』(2007年、アスキー)など多数。