「オープンデータ・センサス」ステップアップガイド(リリース候補版)が公開されました!

2016年3月4日 in News


1年に1回、全世界を対象にして行われるGlobal Open Data Indexですが、その自治体版である、Open Data Census(オープンデータ・センサス)はみなさんご存知でしょうか?

od-census-image

一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)では、経済産業省より本年度受託した事業(※)の一環として、オープンデータ・センサスの充実と調査、そして、その内容をもとにした「ステップアップガイド」を作成し、そのリリース候補版を公開しました。
ガイドには、現在公開されている自治体やデータの利用例など、各項目ごとに今後の公開や活用の際の参考となる情報が記載されています。
また、センサスの順位には反映されませんが、日本独自の項目として「避難所」と「ハザードマップ」についての調査が行われています。

JIPDECでは、3月以降に公開を予定している正式版ガイドの作成にむけて、みなさんからのご意見をいただきたい、とのことです。

オープンデータ・センサスは、オープンデータとして公開する価値が高いとされている15の分野について、9つの観点から評価を行い、公開中の自治体を比較することを可能としています。
今週末3月5日に控える International Open Data Day の機会に、ぜひ一度、あなたの住んでいる自治体の状況を確認してみてはいかがでしょうか?

もちろん、オープンデータが本来目的としているオープンガバメントの進め方や、公民連携の仕組みはそれぞれの自治体ごとに千差万別であり、データの公開状況だけで計測できるものではありません。
もし公開中のデータが少なくとも、焦る必要はありません。できることからひとつずつ、先行している自治体を参考に、あるいはあなたの自治体独自のやり方で、歩を進めてゆきましょう。

現在、ガイドの内容はまだリリース候補版であり、フィードバックを元に修正を行った後、正式版を公開する予定であるとのことです。
詳しい内容については、JIPDECの公開ページをご確認ください。

(※平成26年度補正 先端課題に対応したベンチャー事業化支援等事業(電子政府分野におけるITベンチャーの事業化に向けた環境整備事業))

 

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Profile photo of nyampire

Written by