You are browsing the archive for 2016 9月.

オープン・ナレッジ・インターナショナルの一員として

2016年9月28日 in News, Special


OK_LG_LOGO_JAPAN_RGB
■公式の「Chapter(支部)」になりました

先週、Open Knowledge International(OKI)のブログ私たちのブログでお知らせしましたように、私たち一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパンは、Open Knowledge Internationalの公式な支部となりました。これは大変光栄なことであり、この喜びを日本の活発なオープンデータ・コミュニティの皆さんと共有したいと思います。

■Open Knowledge InternationalのChapterとなること
Open Knowledge Internationalは、世界的にオープンデータの活用支援をしている団体です。「オープンデータとは何か」を示す「Open Definition(オープンの定義)」を作成したり、各国政府や自治体等で使われオープンデータ公開のためのプラットフォームとしてデファクトスタンダードとなっているCKANを開発したり、オープンデータの進捗状況を国際比較するOpen Data Indexを作成し国際ランキングを発表したり、市民組織やジャーナリスト等のデータリテラシーを高めるSchool of Dataを提供したりしています。(その他にもたくさんのワーキンググループが様々なプロジェクトを進めています

Open Knowledge International (OKI) は、以前はOpen Knowledge “Foundation”(OKF)と称していましたが、2015年から現在の名称に変更しています。さまざまなオープンデータ・オープンナレッジに関する活動に参加する人々は世界中で増加しており、この投稿を執筆している段階では37カ国でOpen Knowledgeの「ローカルグループ」が活動しています。私たち日本グループも2012年の設立以来、そのうちのひとつとして活動してきました。そしてこのたび、主要なグループのひとつとしてChapter(支部)となったわけです。今回Chapter化した日本とスウェーデンは、世界で10番目と11番目のChapterです。

OKIのブログで私たちのChapter化は、「アジアで初」と紹介されました。世界においてアジア諸国の人口が占める割合は非常に大きく、経済社会が大きく発展する可能性を持っています。私は、日本におけるオープンデータ・オープンナレッジのムーブメントをさらに広げていくだけでなく、他のアジア諸国の仲間たちとの協力をさらに広げていきたいと考えています。

■オープン・ナレッジ・ジャパンOpen Knowledge Japan(OKJP)の活動
ところで、私たちの法人は一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパンが正式な名称です。しかし、上記のようにOpen Knowledge FoundationがOpen Knowledge Internationalへと名称を変更しましたので、私たちも名称から「ファウンデーション」を外していこうと考えています。法人名は今後変更する予定ですが、通称として「オープンナレッジ(ジャパン)」と呼んでいただければ幸いです。また、「OKFJ」も「OKJP」へと変えていきます。「ファウンデーション」の「F」を外すとともに、「J」だけだとジャマイカやヨルダンとも重複してしまうため2文字の「JP」を使う、ということです。「OKFJ」と呼んでくださっていた方にはご迷惑をおかけいたしますが、正式名としては一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン、通称は「オープンナレッジ(ジャパン)」「OKJP」という名前で呼んでください。

今後の私たちの活動は、やはり年度末のインターナショナルオープンデータデイがひとつの柱となります。日本各地・各分野のオープンデータ活用を前進させていく機会として、世界で最も盛んなオープンデータデイを盛り上げてきたいと思います。また、東京で不定期に開催している「オープンデータトークシリーズ」や、その他パブリックコメントや政策提言なども積極的に行っていきます。2016年度から参画した「オープンガバメント推進協議会」を通じた地方自治体の支援も発展させていきます。

これらに加えて、文化芸術関連のオープンデータ活用に取組むOpenGLAMや図書館・美術館関係の皆さんや、オープンデータを地域経済の分析に使うデータサイエンティストの皆さんなど、関連領域で活動されている方々や団体との連携も広げ、オープンデータ・オープンナレッジのムーブメントを広げていきます。

■賛助会員としての参画のお願い
最後にとても大切なお願いがあります。私たちオープンナレッジの活動は、賛助会員として応援してくださっている方々の会費で支えられています。 あまりお金のかからない運営をしているつもりですが、一般社団法人としての事務は行っていますし、サーバ代などもかかっています。また、交通費が賄えるようになればOKJPのメンバーが国内の自治体等の支援などにうかがいやすくなります。ボランタリーで来てもらっているオープンデータトークの講師に何らかの御礼をすることも出来るようにるかもしれません。また、海外との交流もできれば活発化していきたいと考えています。

大切なことなので繰り返します。OKJPでは、賛助会員を募集しています。こちらのページをご覧いただき、趣旨にご賛同いただける方はぜひ、ご参加ください。どうぞ、よろしくお願いいたします。

庄司昌彦

新しいオープン・ナレッジ・ネットワークの支部が日本とスウェーデンで始動

2016年9月22日 in Featured, News

(訳注:この記事は Open Knowledge International ブログ記事の日本語訳です)

今月はオープン・ナレッジ・ネットワークの2つの新しい支部が始動しました。日本支部とスウェーデン支部です。支部はオープン・ナレッジ・ネットワークの中でいちばん発展した形で、ファウンデーションからは法的に独立しており、了解覚書によって提携します。現在の私たちの全支部一覧はこちらを参照してください。その構成のより詳細な情報はネットワーク・ガイドラインを参照してください。

オープン・ナレッジ・ジャパンは古参の団体のひとつです。2012年に立ち上がり、政府・自治体におけるオープンデータの利用について数多くのプロモーションを行ってきました。また日本におけるオープンデータ・デイの盛り上げを全国60以上の地域イベントとともに牽引しています。これは私たちの東アジアにおける最初の支部になります。

オープン・ナレッジ・スウェーデンは、1766年に最初のFOI(情報の自由)法を実装した土地柄ですが、依然としてそのプラットフォームであるFragastatenを通じてアクティブにプロモートしており、遺産の領域でアクティブなハックを行っています。彼らは現在EUが資金提供したプロジェクト「Clarity- Open EGovernment Services」の一部です。彼らはちょうどOKawardを開始したばかりです。これは、公共や企業のセクターからのオープン・ナレッジの貢献者への認知を高める、この地域最初の賞となるでしょう。彼らは北欧諸国ではお隣のフィンランドに次いで2番目の支部になります。
オープン・ナレッジ・ファウンデーションのグローバルネットワークは、スコットランドからカメルーン、中国からチェコ共和国まで、今や40ヶ国以上の団体を含んでいます。これらの団体のうち11箇所が今や支部として提携しています。専門の市民アクティビスト、オープンネスの専門家そしてデータ探索者といった人たちが実践するネットワークはオープン・ナレッジ・インターナショナルのミッションの、そしてオープン運動の森の中心に位置しています。

オープン・ナレッジ・インターナショナルのCEOであるPavel Richter は次のように述べています。「オープン・ナレッジの地域組織、とりわけ私たちの支部は、世界のオープン・ナレッジ運動の進め方をリードしています」「東アジアの、そして北欧諸国2番目の支部ができたのは、オープンネスへの需要が依然存在していることを示しており、新しい支部がどのように私たちの運動をリードするか、楽しみにしています」

日本でのオープンデータ・デイのイベントの中から。クレジット: OKJP


オープン・ナレッジ・ジャパン(OKJP)代表理事、庄司昌彦より「オープン・ナレッジ・ジャパンは日本におけるオープンデータの活用とオープン・ナレッジの運動を21人の専門家と10の法人とともに牽引してきました。公式にオープン・ナレッジ・インターナショナルの支部となったことは大変光栄であり、この喜びを日本の活発なオープンデータ・コミュニティと共有したいと思います。私たちはアジアの他のオープン・ナレッジのコミュニティ、そして世界中の仲間とともに前に進んで行きたいと思います。」

オープンデータ・デイでのOK SE のメンバー。クレジット: se.okfn.org


オープン・ナレッジ・スウェーデンの議長、Serdar Temizより「オープン・ナレッジにおける変革者ネットワークの緊密な一部となれたことを嬉しく思います。OKIの支部になることは、大きな喜びと栄誉です。オープン・ナレッジ運動の最前線にいる組織の一部になれて喜びに耐えません。最初の2年間で、OKIがOKコミュニティにおける私たちの活動を認知し、数少ない公式の支部になれたことは私たちの励みとなります。」

原文(2016/9/21 Open Knowledge Foundation Blog 記事より):
Original post New Open Knowledge Network chapters launched in Japan and Sweden / Open Knowledge International, licensed under CC BY 4.0 International.