横須賀でオープンガバメント推進協議会のシンポジウムが開催されます

2016年10月25日 in Events, Featured


Open Knowledge Japanが特別会員として参加しているオープンガバメント推進協議会が、11月26日(土曜日)に神奈川県横須賀市でシンポジウムを行います。

協議会に参加する自治体の首長によるパネルディスカッションや、地域経済分析システム(RESAS)を活用した職員研修事業の成果パネル展示と参加者投票によるコンテストなどが行われます。

オープンガバメント推進に積極的な自治体が集まるシンポジウムに、ぜひご参加ください。

【名 称】平成28年度オープンガバメント推進協議会公開シンポジウム
【日 時】平成28年11月26日(土)13時30分開場、14時開会(17時終了予定)
【場 所】セントラルホテル4階 ダイヤモンド(横須賀市若松町2-8)
【参加費】無料
【座 席】全席自由席(一部関係者席あり)
【申込方法】下記いずれかの方法によりお申し込みください。
メール:upi-pc@city.yokosuka.kanagawa.jp
FAX:046-822-9285

【プログラム】
※開始まで、ポスターセッションへのアイデアや意見の書き込み・投票を実施

14:00~14:05 開会挨拶(5分)オープンガバメント推進協議会会長 熊谷俊人(千葉市長)

14:05~14:10 開催市挨拶(5分)オープンガバメント推進協議会 吉田雄人(横須賀市長)

14:10~14:30 基調講演1(20分)テーマ「オープンデータの活用による市民参加の促進」
講師:Open Knowledge Japan代表理事庄司昌彦

14:30~14:50 基調講演2(20分)テーマ「地域経済分析システム(RESAS)の現状と今後」
講師:内閣府地方創生推進事務局企画官田岡卓晃氏(調整中)

14:50~15:20 RESAS活用研修優秀提案プレゼンテーション(30分)

15:20~15:30 総評(10分)テーマ「RESAS活用研修の振り返りと今後への期待」
講師:一般社団法人オープンガバメント・コンソーシアム高橋範光氏

15:30~15:40 休憩(10分)

15:40~16:45 パネルディスカッション(65分)
テーマ「自治体経営におけるオープンデータ及びビッグデータの活用について」
パネリスト(調整中※参加自治体の首長)
モデレーター:Open Knowledge Japan 代表理事 庄司昌彦

16:45~16:55 RESAS活用研修優秀提案表彰式(10分)

16:55~17:00 閉会挨拶(5分)(調整中)

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Masahiko Shoji

Written by

庄司 昌彦(しょうじ まさひこ)一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン代表理事。国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)准教授・主任研究員。1976年、東京都生まれ。中央大学大学院総合政策研究科修士課程修了。おもな関心テーマは情報社会学、電子行政・オープンガバメント、地域情報化、社会イノベーションなど。2010-12年、内閣官房IT戦略本部「電子行政に関するタスクフォース」構成員として「電子行政オープンデータ戦略」につながる議論に参画。2016年3月より内閣官房IT総合戦略室オープンデータ伝道師。2015年より総務省地域情報化アドバイザー。その他、一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)理事なども務めている。著書(共著)に『地域SNS最前線 Web2.0時代のまちおこし実践ガイド』(2007年、アスキー)など多数。