You are browsing the archive for 2017 12月.

okfj

by okfj

「オープンデータの形式は”CSV”の先にどこに向かうのか」開催報告

2017年12月25日 in Events, Featured

当日の様子

2017/12/19、オプンデータ・トークシリーズの第22回となる「オープンデータの形式は”CSV”の先にどこに向かうのか」を開催しました。当日参加いただいた皆様、ありがとうございました。資料公開を許諾頂いた分について下記に資料URLを掲載しております。

1.1 オープンデータ5つ星の真実(国立情報学研究所 加藤文彦様)

Tim-BL卿による5つ星の図がひとり歩きしている問題について論じて頂きました。3つ星から先は単にデータ形式の問題ではなく、データの中身とアクセス方法の話であり、メリットはもちろんあるがデメリットとの比較でどうすべきか考えるべきもので、誰もがそうしなさいということではない、といった内容。

1.2 EUのオープンデータ成熟度評価(Georepublic Japan 飯田哲様)
Open Data Maturity in Europe 2017をベースにEUで実施されている継続的、体系的な評価の仕組みをご紹介頂きました。

1.3 LODについて(大阪大学/LODチャレンジ実行員会 古崎晃司様)

LODにすることで「うれしい」ことを説明頂きました。

1.4 地理データ形式のこれから(農研機構 岩崎亘典様)

多数ある地理データの現状と、これからどうして行くべきかを論じて頂きました。

1.5 Wikidataについて(ライフサイエンス統合データベースセンター 山本泰智様)

Wikidata紹介
Wikidataについて、全般的にご紹介頂きました。

1.6 公共交通データをめぐる理想と現実 -それでもなんとかつなげてく-(東京大学 伊藤昌毅様)

特定のドメインでオープンデータを使い続けていくことで見えてきた現実をご紹介頂きました。

1.7 自治体のデータを外部委託で整備する(一般社団法人データクレイドル 理事 大島正美様)
データクレイドル様で行っている、自治体のオープンデータの整形等を地域の雇用創出とつないで事業化している事例についてご紹介頂きました。

1.8 語彙基盤について(IPA 清水響子様)

共通語彙基盤の紹介や普及に向けた課題などをご紹介頂きました。

1.9 地図情報とオープンデータに関する取組について(千葉市総務局次長 大西公一郎様)
千葉市様が参加しておられるオープンガバメント推進協議会での取り組みのうち、さっぽろ保育園マップの横展開の取り組みなどをご紹介頂きました。

2.1 CSVならいいのか?ちょっと立ち止まろう (農研機構 大澤剛士様)

CSVの先を論じる前に、まずはCSVの出し方をちゃんとすべきではないかという問いかけをして頂きました。

2.2 Code for 選挙とWikidata(株式会社達人出版会/一般社団法人日本Rubyの会 高橋征義様)

「Code for 選挙」プロジェクトで政治家データなどをWikidataに登録した取り組みをご紹介頂きました。

最後に、参加者からの質問をその場で受け付け、いいねの多い順に答えていけるツールSli.doによる質疑応答が行われ、多数の質問が寄せられました。

Sli.doでの質問

いつものように時間切れで明確な結論が出たわけではありませんが、参加者それぞれに気付きを得て頂いたり、今後の議論のきっかけとなれば幸いです。

<関連情報>
togetterによるまとめ
・当日の配信内容(後半のみ)

画像クレジット:Five Star logo, Llandaff/markheseltine/CC BY 2.0

2018年オープンデータデイは3月3日(土)!

2017年12月19日 in Events, Featured

International Open Data Day

2018年もインターナショナル・オープンデータ・デイが開催されます。今年の開催日は2018年3月3日(土)です。皆さん、準備をはじめましょう!

※オープンデータデイは、誰もが自由に使うことができる「オープンデータ」を作ったり、 使ったり、考えたりするイベントを世界中の都市で同日開催するお祭りです。毎年、日本からも多くの地域でそれぞれイベントを開催し、オープンデータデイに参加しています。

※グローバルなポータルサイトはこちらです。
http://opendataday.org

※日本での開催地登録も近日中に開始する予定です。イベント主催者向け情報は、Facebookグループ「Open Data Day 主催者連絡用」をご覧ください。