いろいろな自治体横断(検索)サービス

2018年1月24日 in Featured, News


市役所

「自治体条例127万件超を横断検索 同志社大教授ら公開」という記事が私の周辺で少し話題になっていましたので、同種の自治体横断の(検索)サービスをいくつかご紹介します。

いずれも民間の手で作られたものであるということが、本当にすばらしいと私は思います。同じようなことを国がやろうとしたら、まず有識者による会議が作られ、延々議論が行われ、実証実験が行われ、やっとシステムが作られて自治体に参加を呼びかけて…、と莫大な時間とお金をかけるでしょう。もちろん民間サービスはいつまでそれが続くのかなどの課題はありますが、私は不完全でも「使える」という利便性や、このスピード感はとても重要なことだと考えています。

1.区市町村
議事ロックス
https://giji.rocks/

2.都道府県議会議事録
yonalog
http://chiholog.net/yonalog

3.図書館
カーリル
https://calil.jp/

4.広報紙
マイ広報紙
https://mykoho.jp/

そして
5.自治体条例
自治体条例Webアーカイブデータベース
http://jorei.slis.doshisha.ac.jp/

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Masahiko Shoji

Written by

庄司 昌彦(しょうじ まさひこ)一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン代表理事。国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)准教授・主任研究員。1976年、東京都生まれ。中央大学大学院総合政策研究科修士課程修了。おもな関心テーマは情報社会学、電子行政・オープンガバメント、地域情報化、社会イノベーションなど。2010-12年、内閣官房IT戦略本部「電子行政に関するタスクフォース」構成員として「電子行政オープンデータ戦略」につながる議論に参画。2016年3月より内閣官房IT総合戦略室オープンデータ伝道師。2015年より総務省地域情報化アドバイザー。その他、一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)理事なども務めている。著書(共著)に『地域SNS最前線 Web2.0時代のまちおこし実践ガイド』(2007年、アスキー)など多数。