OpenGLAMの原則

2019年11月12日 in Featured, Special


(訳注:この記事はOpen Knowledge本家による2013年の記事を日本語化したもので、この原則は2019/11月現在改定中です)

v.1.0.

注:これは、OpenGLAMワーキンググループと一緒に起草したOpenGLAMの原則の第4版です。私たちはこれをコミュニティの努力としてとりまとめたいので、OpenGLAMメーリングリストにフィードバックをお願いします!

ギャラリー、図書館、資料館、美術館は人類の知識の進歩を支えるうえで基本的な役割を果たしています。それらは私たちの文化遺産の管理人であり、そのコレクションの中には人類の記録があります。

インターネットは、文化遺産機関に未だかつて無いほど世界中の視聴者を巻き込み、以前よりもそのコレクションを発見しやすくしたりつなげる機会を提供し、ユーザーが世界の遺産保存機関の富を享受するだけでなく、貢献し参加し共有することも可能にします。

私たちは、自分たちのコレクションやメタデータを公開するための手順を進める文化機関が、こうした機会から恩恵を享受するだろうと信じています。

私たちがデジタルコンテンツやデータが「オープン」であると言う場合には、以下のように要約されるオープンの定義に準拠していることを意味します:

「せいぜい作者のクレジット表記をしたり派生作品も原作品と同じ条件で利用可能にする程度で、誰でも自由に利用・再利用・再配布することができる場合、そのデータやコンテンツはオープンであるといえます。」

コレクションをオープンにする最初のステップは、オープンなライセンスを適用することですが、それはストーリーの始まりにすぎません。文化遺産機関がアクセス、技術革新そしてデジタル・スカラーシップのためにインターネットの可能性を最大限に引き出すには、コラボレーションや新しい形態のユーザー参加に対するオープンネスが不可欠です。

OpenGLAM機関はこれらの原則を擁護しています:

1. Creative Commons Zero 権利放棄などの適切な法的ツールを使用して、アーティファクト(メタデータ)に関するデジタル情報をパブリックドメインに公表します。

  • これにより、データの再利用が最大限に促進され、また、Europeanaやアメリカ・デジタル公共図書館などのメジャーな文化データアグリゲーターとのコンプライアンスも確保する一方で、リソースをより見つけやすくなります。

オープンメタデータのライセンスポリシーの例については、以下を参照:

2. 著作権の保護期間が満了になった作品(パブリックドメイン)のデジタル表現を新しい権利を追加しないことによってパブリックドメインに保管します。

  • 著作権が失効した作品(パブリックドメイン作品)のデジタルコピーおよび表現は、クリエイティブ・コモンズのパブリック・ドメイン・マークなどの適切な法的ツールを使用して明示的にマークする必要があります。これにより、コンテンツの再利用が最大限に促進されます。

オープンコンテンツのライセンスポリシーの例については、以下を参照:

デジタルなパブリックドメインの重要性に関するより詳細な文書と憲章については、以下を参照してください:

3.データを公開する際には、説明、データコレクションの全体、およびコレクションのサブセットを再利用したり別の目的で利用することに関して、あなたの希望と期待を明示的に力強く記述します。
記述例については以下を参照:

4.データを公開するときは、機械可読でオープンなファイル形式を使用してください。

  • 機械可読なフォーマットとは、コンピュータプログラムによってデータを抽出することができるものです。
  • 情報がクローズなファイル形式で公開されていると、その中にエンコードされている情報を再利用する際の大きな障害となり、その情報を利用したい人に必要なソフトウェアの購入を強いることになります。
  • データの構造と可能な用途は、たとえばデータのブログWebページなどで十分に文書化しておくべきです。

オープンなファイル形式の詳細については、オープンデータハンドブックをご覧ください。

5.ウェブ上の新しい方法で視聴者を巻き込む機会が追求されるべきです。

  • あなたが提供するオープンデータ、コンテンツ、およびサービスを明確に文書化して、他の人があなたが利用可能にしたものを容易に再利用、構築、および改善できるようにします。
  • データを公開する際には、データについての利害関係者からの質問に回答し、データを最大限に活用してもらうために積極的にサポートしてください。
  • あなたの視聴者にあなたのコレクションからアイテムをキュレーションしたり収集する機会を与えてください。アムステルダム国立美術館のRijksstudioは、この種の取り組みの好例です。
  • 可能であれば、クラウドソーシングのアプリケーションを活用して、ユーザーがあなたのメタデータを充実させたり、改善することを検討してください。

原文(Open Knowledge OpenGLAM Principles より):
Original post OpenGLAM Principles / Open Knowledge Foundation, licensed under CC BY 4.0.

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shu Higashi (東 修作)

Written by

Georepublic Japan に勤務。OKJP事務局長。オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン メンバー。Code for Japan設立発起人。内閣官房データ流通環境整備検討会オープンデータWG構成員、兼オープンデータ伝道師。総務省地域情報化アドバイザー。 OpenStreetMapという自由な世界地図を作る活動をきっかけにオープンデータの活動に関わりはじめました。主な関心領域はデータのライセンシング、コミュニティ活動、市民参画、国際連携など。 投稿記事の内容はあくまで個人としてのものであり、所属する組織を代表する見解ではありません。