You are browsing the archive for 未分類.

「野菜は誰がどこまで加工すべきか」問題

2017年2月23日 in 未分類

oddsite
ファイル形式がcsvではあるけれども、データが正規化されていないということで内閣府が批判されている(詳細はこの記事の最下部からリンクしてある)。「こんなCSV読めるかばかやろう」「トンデモ」「ゴミ」「bad data」「ダメなcsv」といった表現が見受けられる。かなりひどい言われ方だ。

望ましい形式に対してまだまだ距離があるというのは確かにそうなんけれども、これを罵倒していたら、データを提供する側がより慎重になってものごとが進まなくなるだろうと私は考えている。また、新しいことをやりたくない行政職員に格好の「やらない理由」を提供することになってしまうだろう。

データの整形に人手がかかる、予算が要る、時間がかかる、優先順位を検討する必要がある、形式を決める必要がある…。そういって、「だから今はやらない」ということになるんじゃないだろうか。

最近はこの問題を野菜に例えて説明している。農家の人が「この場所にある野菜を自由に使っていいですよ」と言ってくれ始めたのが、今の状態。じつはもともと畑は共有地であるので、野菜をみんなが自由に使えるのはある意味当然なのだけれども、ともかく今まではそうではなかったので、使えるようになってとてもよかったと思う。

しかし、現状は使いたい人が自分で野菜を収穫しないといけないし、泥はついているし、形も不揃い。当然、カットされてもいない。

それに対して、キッチンで包丁を持って立っている料理人が、こんなもの料理に使えるかと怒っている。今すぐ料理に使えると思っていた人が怒るのは当然だろう。

でも、農家の人からすると、さいの目切りとかいちょう切りとか短冊切りとか言われても知らないし、どの野菜をどの切り方にすればいいのかわからない。そこまでしないと批判されるのなら、「野菜を使っていいですよ」というのもやめたくなるかもしれない。今後は6次産業化していく農家が増えるだろうし、消費者についての理解を深めることは生産にも役立つだろうから、農家が料理法を知るのはいいことではある。でも、それをいま知らないからといって激しく批判されるというのは、ちょっと可哀想だ。

いま必要なのは、農家と料理人の間に入って野菜を加工したり流通させたりする役割だろう。野菜を収穫して洗って、大きさ別に分けたりカットしたりして、料理人に使いやすくする人が必要だ。

※この内容はもともと、私のFacebookへの投稿である。コメント欄ではさまざまな意見がとびかっており、私もなるべくコメントを返すようにしながら自分の意見を整理したり、勉強したりしている。このやり取りを踏まえて、後でどこかにさらに文章を書いてみようと思っている。

データポータルの1つのお手本、data.police.uk

2013年7月4日 in News, 未分類

イギリスでオープンデータを推進している組織、Open Data Institute(ODI)が推奨するベストプラクティスと基本原則に従った、お手本のようなデータポータルdata.police.ukが立ち上がりました。その名が示す通り、このデータポータルはイギリスの犯罪や警察に関するデータを公開しています。

以下では特徴的な機能をいくつかご紹介します。いずれの機能も単に「データを公開する」というだけにとどまるのではなく、「データを使ってもらう」という利用者視点からデザインされているのがよくわかります。シンプルですが、使いやすい、優れたデータポータルの一例です。

 

カスタマイズ

データを日付で絞ったり、管轄の警察を選んでダウンロードすることができます。

 

大量ダウンロード

2013年5月の全データ740MBを一度にダウンロードすることができます。

 

更新履歴

更新履歴を2013年1月までさかのぼってみることができます。

 

APIに関する優れたドキュメント

データの出所、品質保証、匿名化、問い合わせする際の連絡方法などに関する情報が提供されています

 

参考: Crime and Policing Open Data Portal in UK

千葉市から始まった、オープンデータによる地方自治の未来

2013年3月19日 in Special, 未分類

3月18日夕方、千葉市役所別館にて「ビッグデータ、オープンデータで変わる自治体行政」千葉市職員研修ワークショップの第2回があり、取材してきました。
千葉市では、2/23のOpendata dayでもOKFJが協力してイベントを開催しました。

IMG_0232

直前の告知に関わらず千葉市のほぼ全部局からの参加者が集まった、みなさん真剣です!

1回目と2回目の間に1週間時間を置き、宿題も出して望んだ今回。
参加者は1回目は約70人、今回2回目は、千葉市のほぼずべての部局12局、2区から、45人が参加。直前の告知にも関わらず部署を問わず若い職員からベテラン、局長まで、とても幅広く参加者が集まりました。

IMG_0248

講師は全編OKFJ代表/GLOCOMの庄司昌彦が担当。真剣な市職員を前に一言一言に熱が入ります!

講師はOKFJ代表/国際大学GLOCOMの庄司昌彦が担当しました。
1回目は講演でオープンデータの意義や国内外事例の紹介をし、今回2回目は千葉市のデータを使ってどのようなことができるかについてのアイディアソンです。

IMG_0275

局長・部長級のベテランと若い職員が部署の違いも越え一緒に熱心な議論がつづく

宿題で参加者が考えてきた千葉市のオープンデータの活用法をシートに記入していきます。
そしてまずはグループ内でアイデアを発表しあいます、とても活発な意見交換になりました。市民からの問い合わせに効果的・効率的に応える工夫や、部局横断の情報提供、市民との協働による課題解決など。みなさん現場の職員さんだけに、現場のいまの課題に基づいたものがたくさんでてきました。

IMG_0288

アイデア発表は6人、それぞれにユニークな視点です

次にワールドカフェ形式を使って、さらに多様なアイデアを共有し合います。
最後に代表して6人の職員さんがアイデアを発表します。

発表されたアイデアをご紹介、職員さんならでは(?)のアイデアができてきました。

「投票に行かないとお金無駄にしちゃうよ?」
一票にかかる費用を可視化、公開する。

「市民お助けマンクラブ」
市に持ち込まれた問題の内、市民でできる、治せることは市民に有償で直してもらう。地域でがんばっている団体にお任せすると好循環にもなる。

「オリンピックを目指す学校選び」
種目別に各学校の部活動の活動情報などを可視化し、比較しやすくする

「楽しい夏休み」
親子が楽しめる、子どもが楽しめる夏休みの過ごし方の場所やイベント情報を一箇所にまとめる

「課ごとのお仕事一覧表の公開」
どの課がどのような仕事をやっているかは庁内でも共有されきっていなくて、市民からの問い合わせへの効果的な対応ができていない。市民もこれが分かれば問い合わせもしやすくなる。

「スマホで選べる居酒屋アプリ」
いま空いている席と、その席のまわりの客層まで知ることができるアプリ。

アイデアソンの後、最後に、fix my streetを市政運営に取り入れた場合、どのような課題がありそうかを議論しました。
fix my streetは2/23のOpendata Day関連でも千葉市でワークショップが行われました。fix my streetは、市民が地域の問題点を知らせ、行政と市民が一緒に解決していくwebアプリツールです。

IMG_0298

fix my streetについて説明する千葉市総務局の片桐情報統括部長

実際に稼動したとき、行政はどのように対応していくか、市民がどこまで課題に対応するか、行政と市民の役割の線引きについてや、市民による対応を継続するにはどうしたらよいかなどが話しあわれました。

3時間ほどの研修でしたが、みなさん真剣で、あっという間に過ぎた印象でした。
取材の感想として、オープンデータ活用を考えると、自然とそもそもの行政のあり方や、行政と市民との関係を考えることになるのだなあという印象を強く持ちました。

今回はアイデア出しだけでしたが、今後は実際に開発まで含めた継続も期待できそうです。
地方自治での取り組みが、はじまっています。

文化庁とクリエイティブコモンズの連携についてドミニク・チェンさんにインタビュー

2013年3月17日 in News, 未分類

文化庁が、「CCライセンスとの連携協力を視野に入れた新しい在り方を検討する」とアナウンスし、下記シンポジウムを開催すると発表しました。著作権のあり方において画期的なことだと思います。

第8回コンテンツ流通促進シンポジウム
『著作物の公開利用ルールの未来』
今回の発表について、クリエイティブ・コモンズ・ジャパン理事のドミニク・チェンさんにコメントを頂きました。
ドミニク・チェンさんは、「フリーカルチャーを作るガイドブック」などの著書でも知られる方です。


Q1.

文化庁が、CCとの連携を前提に検討を進めるとのコメントを出しました。これについてどのようにお考えですか?

アメリカのホワイトハウスやヨーロッパ諸国の首脳公式ウェブサイト等では以前からCCライセンス採用が相次いできた経緯がありますし、国内では経産省が関与しているインフォグラフィックのサービス『ツタグラ』やグッドデザイン賞データベースが以前からCCライセンスを活用してきたことを踏まえても、文化庁との連携は歓迎すべき動きですし、国際的な時流にも沿っている動きと言えると思います。

なによりもオープンライセンスの種類が増えすぎることはコモンズ全体にとっても望ましくないことなので、既にデファクトとなりつつあるCCライセンスを採用するという決断はその点でも評価できることと言えるでしょう。

 

Q2.今後のビジョンや、残されている課題などあれば、CCとしてのみならずドミニクさん自身もどのように活動されていくかも含め、お聞かせください。

日本国内では民間においても、2012年末に初音ミクが海外ユーザーコミュニティに向けてCCライセンスを採用したり、CCライセンスを採用するネットレーベルの楽曲をリミックスしたコンピレーションアルバム『Creative Commands Compilation Data』(分解系レコーズ)が文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門審査委員会推薦を受賞する等、CCライセンスそのものへの注目も高まってきています。

大局的には、CCライセンスがより多くのコンテンツに付くことで二次利用できる資源を増やすフェーズから、今後はそうした資源をいかに活用して、いかに有意義な二次利用の様式や実例を増やしていくかということが重要となるフェーズに移行しつつあると個人的には考えています。

例えばCCライセンス付コンテンツの多様性や豊富さを活用したリミックスやマッシュアップのアプリケーションや、二次派生した作品間の継承関係を可視化し、様々な方法で評価するサービスなどが増えていくことで、私たちの社会的なコモンズが充実化したことが実際に社会的価値を帯びることを促進していくということです。

オープンガバメントや関連するハッカソンの実施などは、そうした動きを加速化させる重要な傾向だと思います。
個人的には、従来通りのCCライセンスやオープンネスに関する啓蒙活動に加えて、オンラインとオフラインを結ぶシェアカルチャーの醸成につながるアプリケーションやサービスの開発や企画に今後とも広く関わっていきたいと考えています。

そのプロセスの中でも重要なこととしては、オープン化の実践のデータをデータ提供者自ら記録し、定量的、定性的に評価して公開することによって、オープン化の意味や問題をオープンに議論する慣習を広めることだと思います。

————————————
この動きは引き続きフォローしていきます。
ドミニクさん、ありがとうございました!

速報!オープンデータ流通推進コンソーシアム表彰式

2013年3月13日 in Featured, News, 未分類


今日3月13日午前、オープンデータ流通推進コンソーシアムの「勝手表彰・表彰式」があり、
最優秀賞は「データシティ鯖江」に!優秀賞/日本IBM賞に「International Open Data Day」が、「Where Does MY Money Go」ほか6つの団体・チームが優秀賞、OKFJ賞は埼玉県宮代町の「電脳みやしろ」に!
まず速報でお伝えします。

(各受賞者の紹介文はオープンデータ流通推進コンソーシアムwebサイトにあるものを参考にしました)

 

最優秀賞/Google賞 : データシティ鯖江

sabae

鯖江市の牧田さん、福野さん、Googleの方、コンソーシアム利活用・普及委員会の中村伊知哉座長

データシティ鯖江として、様々なデータをXML等の形式で公開。

・避難所の施設名、位置情報
・消火栓の名称と位置情報
・市が運営するコミュティバス「つつじバス」の運行情報
・西山動物園の動物情報
・鯖江市内の文化財の写真、説明
・市内の農産物直売所
・鯖江市議会議員の情報など

 

 

 

 

優秀賞/日本IBM賞   : 2013 International Open Data Day

iodd01

IODDに参加した、青森、鯖江、横浜、東京、千葉の各地の代表者のみなさんと、全国を統括したOKFJの庄司代表

2013年2月23日に世界中の都市で、オープンデータイベントを開催。日本では、東京、横浜、千葉、名古屋/東海、鯖江、青森、会津若松、福岡の8都市、20チーム、400人が参加して開催。

 

 

 

 

 

 

 

 

優秀賞  : 図書館横断検索サービス「カーリル」

calil

カーリルの吉本さん

全国6,000以上の図書館の蔵書・貸出情報を横断検索可能。APIも提供しており、様々なアプリが開発されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優秀賞  : Where Does My Money Go? の日本語化と横浜市版の作成

WDMMG

受賞スピーチをするOKFJ/元佐賀県CIO川島さんとWDMMG横浜市版開発チーム

イギリスの Open Knowledge Foundation が開発した Where Does My Money Go? (英語版) をベースに日本語化し、さらに横浜市民が横浜市に納めている市税を対象として構築。自分の年間総収入をスライドで設定し、単身世帯か扶養一人世帯かを選択すると、給与所得者であるという前提で、横浜市に納めている市税年総額と10分野毎に一日当たり支払っている市税額が表示される。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

優秀賞 : 気象庁の一連の取り組み
kisyocho

気象統計データなどをウェブサイトで公開。2012年12月からは防災情報XMLフォーマット形式電文を試験的にサイトで公開。2012年11月~12月にはコンソーシアム等と協力して、気象データアイデアソン/ハッカソンを開催。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優秀賞  : あおもり映像コンテンツ・プロモーション

aomori

観光プロモーションに活用できる映像素材を県職員が自ら撮影し、YouTube等に公開。二次利用可能な独自の利用規約を作成し、幅広く活用されることを目指している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 優秀賞  : LODチャレンジ

LOD

LODチャレンジ実行委員会のみなさん



2011年に続き2回目の開催。データセット部門、アイデア部門、アプリケーション部門、ビジュアライゼーション部門の4部門に対し計205作品の応募があった。3/7に表彰式を行う予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優秀賞  : CKANを用いたデータカタログサイト

CKAN

CKAN日本版の開発を進めている加藤さん


データポータルソフトウェアであるCKAN(http://ckan.org)を用いて、日本のデータカタログをまとめたサイトを構築。現在、有志のコミュニティで運営。2013年1月31日現在、オープンガバメントを推進している地方公共団体のデータを中心に、125のデータセットを掲載。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本マイクロソフト賞  : 横浜オープンデータソリューション発展委員会の活動

YODS

日本マイクロソフトの方と横浜オープンデータソリューション発展委員会の杉浦さん

横浜から世界に向けてオープンデータによって成長・発展する新しい都市の姿を発信していくことを目的として設立。アイデアソンやハッカソンの開催、情報発信など積極的に活動。

 

 

 

 

 

 

 

 

国際大学GLOCOM賞  : 東日本大震災アーカイブほか3件

GLOCOM

震災の被害状況を可視化し、災害の実相を世界につたえる多元的デジタルアーカイブズ。個別に存在していた被災地の写真、パノラマ画像、被災者の証言、TV報道映像、ジオタグ付きツイート等のデータを一元化し、Google Earthの三次元地形に重ね、俯瞰的に閲覧することができる。さらにタイムスライダー機能を備えており、震災発生後の時間経過に沿って資料を閲覧することも可能。データをiPhoneのARビューで閲覧できるアプリもリリースしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトバンクテレコム賞 : エレクトリカル・ジャパン

SB

東日本大震災後の日本の電力事情を理解するための電力データ集約・可視化サイト。電力の供給に関するデータとしては、日本全国約3300ヶ所の発電所の位置や出力を独自に調査してデータベース化するとともに、各電力会社が提供するリアルタイム電力供給データをアーカイブして利用。一方電力の需要に関するデータとしては、日本全国の電力消費を象徴するデータとして夜間照明光を観測した衛星観測データを可視化することで、電力供給を象徴する発電所の分布と比較できるようにした。また電力需要に関係する気象データ(アメダス気温・日照時間)も電力データと関連付けて利用できるようにしている。さらに経済産業省資源エネルギー庁や財務省が公開する政府統計データを解析し、グラフなどの形で可視化。データを核としたストーリーを作るデータジャーナリズムの方法論を活用し、日本の電力事情を発電所が開設された歴史のアニメーションで表現したり、電力融通データが示す意味などを解釈したりするなどの試みを行った。

 

 

 

全国地質調査業協会連合会賞 : 流山市/流山市議会の取組み

nagareyama

市と市議会両方のサイトでオープンデータに取り組んでいる。市議会のサイトでは、議員基本情報や定例会議審議結果などをcsv形式で公開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Open Knowledge Foundation Japan賞  : 電脳みやしろ

miyasiro

宮代町の担当の方とOKFJ庄司代表

オープンデータの活動が広がる以前からホームページ上に多様な種類のデータ提供を実施。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にみなさんで! 全国各地から、多様な人達があつまりました。みなさんおめでとうございました!
all

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープンデータ活用に女子の視点を!LODチャレンジ受賞チームインタビュー

2013年3月12日 in Special, 未分類


3月7日に開かれたオープンデータ活用コンテスト「LODチャレンジ表彰式」
(概要ページ)
http://lod.sfc.keio.ac.jp/challenge2012/index.html
応募総数205作品という、前年から大幅に増えた応募数の中から、オープンデータを活用した様々なアプリやアイデアが受賞しました。
(受賞作品まとめページ)
http://lod.sfc.keio.ac.jp/blog/?p=1071

そのなかで、ヒューマンセントリック賞 [富士通株式会社] を受賞した、女子だけのチームGIRLS FASHION LINKの洞渕彩未さん、中尾京子さんにインタビューしました。
お二人は関西地方の女子大で情報科学を学ぶ学生でもあります。
(GIRLS FASHION LINK作品説明ページ)
http://lod.sfc.keio.ac.jp/challenge2012/show_status.php?id=i037

 

Q1 やろうとしたきっかけを教えてください。

女子として一番関心があり、勉強してみたいファッションの分野で、情報がバラバラで集めづらいなあと以前から思っていました。元々大学で情報科学専攻でもあり、大学で学ぶことが活かせたらと。情報科学を女性としてやってみて、よりファッションの分野では情報化が進んでいないことに気づきました。

情報化が進んでいるところって、男性が関わっているところが多い。理系の分野は男性が多いし、情報も強い、そのため、女性が興味を持つ分野の開拓が進んでなかったと思うんです。

IMG_0060
Q2 回りの女性はオープンデータ活用に興味はありますか?

大学ではセマンティックウェブを研究していたりするので、その部分は理解はあります。LODに関しては、私の中では、堅苦しい物ではなくて、やわらかいもの、データがもっともっと繋がったら、使える対象は学術的なものだけでなく、日常的なものに役立つものかなと思います。それもあり、LODをファッションにと考えました。
今回の受賞で、回りにも広がっていけばいいなと思っています。

Q3 これからやりたいことを教えてください

セマンティックウェブが研究分野でもあったのですが、今回をきっかけにアプリ開発にも興味を持ちました。いままでデータベースしか知らなかったから、それがリンクしていく面白さを広げていきたいです。

ファッションなどを題材にすることで、いままでテクノロジーが縁遠いと思っていた女性にも広げていきたいです。女性目線から、その題材にあった技術を、これからもいろいろ使っていきたいです。

この分野への「女子」の進出を、これからもレポートしていきます。
取材協力していただいたお二人、そしてLODチャレンジ事務局のみなさまありがとうございました。