OKFJについて


発足の経緯

オープンデータの具体化と取組みの普及、持続に向けて
2012年7月4日、政府のIT戦略本部は「電子行政オープンデータ戦略」を発表しました。この戦略が輪郭を見せ始めた頃から、オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン(OKFJ)を構想した初期メンバーは、公共部門が保有するデータを原則公開すること(オープンデータ)の具体化と、先駆的な取り組みの共有、普及と持続へと関心を向け始めました。

欧米の先進国に見られるように、オープンデータの具体化、普及、持続には、いろいろな要素が必要です。それはたとえば政治トップの強いリーダーシップ や、それを受けた推進体制、オープンデータのもたらしうる利益を追求する支持者のコミュニティなどです。
特に、データを公開する行政と、そのデータを使って社会課題を解決しようとする専門家、データを使ってサービスやアプリケーションを開発しようとする技術者、その受益者となる人や組織などがうまく出会えないと、行政側は「出しても有効に使われないから出さない」「費用や労力を正当化するだけの成果が出ない」、利用者側は「有益なデータを期待しない」「オープンデータに興味を持たない」といった状態になるかもしれません。

こうした分野の異なるひとたちがオープンデータのことを知り、互いに出会って、情報を共有したり連携をとれたりするようになるためには、それらを後押しする取り組みが必要です。欧州では、OKFがそのような役割を果たしオープンデータの推進役となっています。

そこで、私たちはOKF日本グループを立ち上げることにしました。OKFJの活動によって、政府の取り組みだけに任せるよりもより有効なオープンデータ促進ができるのではないかとOKFJは考えています。OKFのディレクターであるルーファス・ポロック氏も、日本でも活動を展開して欲しいと述べています。

幸い、立上げを準備している間に、さまざまな方々にこのアイディアに関心をお寄せいただき、あるいは別の形でオープンデータを日本にも広げたいと考えている方々と合流することができました。グループは既に当初の3名を大きく超えて、多様な専門や関心を持つ集団になりつつあります。今後はよりオープンな形で活動を展開し、オープンデータに関する情報の共有や、交流の機会の提供の一端を担っていきます。みなさまの協力をお願いいたします。

ミッションステートメント

Open Knowledge Foundation Japan(OKFJ)は、政府保有データをはじめとする多様なデータの生成・公開・利用を支援する。データの活用を通じて人の行動やシステムの挙動が、より洗練され事実に基づいたものとなり、経済、人々の生活、民主主義、学術研究などの質が向上した社会を実現する。

主要事業

  1. エンジニア、IT企業、行政の担当者、研究者、利用者層に近い人、などが議論したり、互いを知ることができる場の用意
  2. 関連イベントへの支援(後援・出講・広報協力・開催運営)
  3. ブログでの情報発信 – 要望をとりまとめた意見表明や提言の発信

一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン

  • 庄司 昌彦  代表理事   (国際大学GLOCOM)
  • 川島 宏一   副理事長    ((株)公共イノベーション)
  • 渡辺 智暁   副理事長    (国際大学GLOCOM)
  • 安井 秀行  監事     (NPO団体アスコエ)
  • 東 修作   事務局長    (Georepublic Japan/オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン)
  • 庄司 望          (Orinoco Peatix株式会社)
  • 江口晋太朗               (TOKYObeta/Editorial Director/Journalist)
  • 伊藤 直之         (インテージ)
  • 八田 真行          (駿河台大学)
  • 羽鳥 健太郎          (情報処理推進機構)
  • 関 治之            (Code for Japan/合同会社Georepublic Japan)
  • 三浦 雅孝          (一般社団法人OpenEmbeddedSoftwareFoudation)
  • 立石 憲彰          (株式会社ワサープ)
  • 小俣 博司          (オープン川崎 / openfab Inc.)
  • 柏崎 吉一          (合同会社エクリュ/JDMC会員)
  • 田村 暢大
  • 松崎 和彦
  • 鎌玉 大
  • 阿部 由紀江
  • 松永 信雄
  • 佐藤 俊秀         (Code for Japan/Code for Ibaraki/有限会社ユニオータス)

<法人会員>

  • 日本アイ・ビー・エム株式会社
  • 株式会社公共イノベーション
  • 合同会社Georepublic Japan
  • アカデミック・リソース・ガイド株式会社
  • アイパブリッシング株式会社
  • esriジャパン株式会社
  • 株式会社アスコエパートナーズ
  • 株式会社インテージテクノスフィア
  • ヤフー株式会社
  • 株式会社ダブルスタンダード

The Open Knowledge Foundation (HQ)

okfn.org

 

お問い合わせ

Open Knowledge Foundation Japan 会則

2 responses to OKFJについて

  1. Dear Friends at the OKFJ,

    Global Integrity is doing the Web Index 2013 in cooperation with the Web Foundation.
    I have tried to find an open data portal in Japan – but thus far have not found any open data portal. could you point me to whatever open data portal is closest to the UK, US or NL examples we have.

    Many thanks in advance and I look forward to hearing from you soonest as we are finalizing the Web Index.

    Thanks,
    Johannes

    • Dear Johannes,

      Thank you for your inquiry on the open data portal status in Japan.

      According to the e-government open data implementation road map adopted by the IT Strategy Headquarters of the Gov. of Japan on June 14, 2013, the whole-of -the-government open data portal (β version) is scheduled to launch by the end of the first half of the fiscal year 2013, i.e., by the end of September 2013. (http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/densi/dai4/siryou1.pdf)

      Meanwhile, there are two departmental open data portal-like movements in the Gov. of Japan: i) the the Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) has been operating the Open Data METI, the METI-related data portal, since November 2012 (http://datameti.go.jp/data/); and ii) the Bureau of Statistics, the Ministry of Internal Affairs and Communications (MIC) added the API function to the statistics controlled by the MIC on June 10, 2013. (http://statdb.nstac.go.jp/).

      I hope the above information suffice as the responses to your inquiry. Please feel free to let me know if you need any further information.

      Best regards,

      Hiroichi Kawashima, PhD
      Co-founder, the OKF Japan Group