Open Knowledge Foundation Japan会則


(名称)
第1条 会の名称を、Open Knowledge Foundation Japan(略称OKFJ)とする。発足の日は2012年7月1日とする。

(目的)
第2条 Open Knowledge Foundation Japanは、政府や地方公共団体等の保有データをはじめとする多様なデータの生成・公開・利用といったオープンデータ活用の推進を支援する。データの活用を通じて人の行動やシステムの挙動が、より洗練され事実に基づいたものとなり、経済、人々の生活、民主主義、学術研究などの質が向上した社会を実現することを目的とする。

(構成と役員)
第3条
1,メンバーは,Open Knowledge Foundation Japanの目的に賛同する関係者で構成する。
2,Open Knowledge Foundation Japanには、次の役職をおく。
(1)代表
(2)事務局長、事務局
(3)監事
3,代表は、メンバーの互選で選ぶ。代表は、事務局長と事務局及び監事を指名する。
4,事務局を、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター庄司昌彦研究室(東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2階)に置く。なお事務局としての活動は、各メンバーが分担して実施することがある。

(代表と事務局の職務)
第4条
1,代表は、Open Knowledge Foundation Japanの活動全てと、組織を統括する。
2,監事は、Open Knowledge Foundation Japanの会計を監査する。
3,事務局長は事務局を統括し、事務局は、Open Knowledge Foundation Japanの活動に係わる庶務、広報など事務を行う。

(会議)
第5条 Open Knowledge Foundation Japanの会議は、代表からの指示に基づいて事務局長が招集する。
2,会議の開催は、基本的に毎月一回行われる。
3,メンバー用にソーシャルメディア上でのグループ等を開設し、グループ等を利用した電子的な意見の交換なども、会議に準じるものとする。
4,代表は、必要に応じてメンバーから個別に意見を聴取する。

(任期)
第6条 役員の最初の任期を2012年12月から2013年3月までとし、次の任期を2013年4月から2014年3月までとする。以降の任期を1年とする。

(報酬)
第7条 役員及びメンバーは、無報酬とする。

(主要事業)
第8条 Open Knowledge Foundation Japanの主なる事業は、次の通りとする。
(1) オープンデータの普及啓発
(2) オープンデータの調査研究
(3)その他オープンデータ推進に関する活動

(経費)
第9条 Open Knowledge Foundation Japanの活動に必要とする経費は、各スポンサー等からの収入をあてることとする。

附則
この規約は2012年12月1日から実施する。

2 responses to Open Knowledge Foundation Japan会則

  1. いつもメールニュースを拝見いたしております。いつも有益な情報をいただき、ありがとうございます。私は、貴団体のような活動から、多くを学びたいと考えております。

    貴団体様の日本での法人格を存知上げたいのですが、はNGO,NPO,社団法人、株式会社等いずれにあたるのですか?

    よろしくお願いします。

  2. お問い合わせいただき、ありがとうございます。

    Open Knowledge Foundation Japanは任意団体です。現在、一般社団法人化に向けて準備を進めています。よろしくお願いいたします。