You are browsing the archive for アルゼンチン.

okfj

by okfj

VozData – データをオープンにするための新しいアルゼンチン市民のプラットフォーム

2014年5月5日 in News

VozData

これはアルゼンチンLa NationFlorencia Coelho によるゲストブログ投稿です。

LA NACION は先日VozData(利用者が公用文書をPDFから理解可能な構造化されたデータベースに変換することを可能にする協働的なプラットフォーム)をローンチしました。その最初のプロジェクトでは、利用者はこのサイトで上院の2010年から2012年までの経費の6500を超える読取結果をチェックし分類することができます。- これまでのところ、わずか数週間で4000部以上の文書が利用者によって処理されました。これは公的支出のうち39百万アルゼンチン・ペソ以上に関わっています。

VozData はlanacion.com のデータ・セクション(LNdata)からリンクされ、Facebook、Google+ あるいはLA NACION の上のアカウントを使ってあらゆる市民が、構造化したデータの作成に参加し、かつ公的支出に関するこれらの文書を分類できるようにします。

VozData

この共同作業の結果は、受取人と支出の種別の順で並び替えられたランキングによりリアル・タイムにウェブサイト上で公表されます。より多くの文書を確認し分類した利用者のランキングもできる予定です。VozData は、FOIA 法を持たない国の中で、アルゼンチンおよびラテンアメリカでは、LA NACION が市民参加を促進するこの手のものとしては初めてのものです。

VozData

LNDataチームは、Cristian Bertelegni と一緒に2人のKnight-Mozilla OpenNews のフェロー(Manuel AristaranGabriela Rodriguez )が開発し、このプロジェクトをリードしています。

VozdataはPropublica のFree the Files プロジェクトとThe Guardian のMP´s Expenses によって触発されたものです。そこでも市民がDocumentcloud にホストされた、構造化されていない文書の監視と理解できるデータセットへの変換を手伝ってくれました。

プロジェクトの最後には、データはすべてオープンな形式(CVS、XLS、JSON)で利用可能になる予定です。さらに、サイトのソースコードは、他のメディアや、例えば世界中の透明性活動家による再利用を促すために、オープンソースとしてまもなくリリースされるでしょう。こちらで試すことができます。

写真はLA NACION の厚意によるものです。

原文(2014/5/1 Open Knowledge Foundation Blog 記事より):
Original post VozData – new Argentinean citizen platform for opening data / Florencia Coelho, licensed under CC BY 3.0.

okfj

by okfj

アルゼンチンにおけるオープン資産

2014年4月26日 in News

(訳注:この記事は本家OKFn.org記事の日本語訳です)

次のゲスト投稿はArgentinian daily La Nacion の、フロレンシア・コエーリョによるものです。

アルゼンチンでは、情報の自由法(FOIA)がまだ調印されていないのですが、LA NACION と3つの透明性に関わるNGO –Poder Ciudadano、ACIJ(Asociacion Civil por la Igualdad y la Justicia)およびFundacion Directorio Legislativo は、公務員の資産についての情報をオープンにし、資産公開をオンラインで利用可能にするために、一致団結して最初のサイトを作成しました。

ウェブサイトの第1ステージは、政府の3部門(行政、立法、司法)の各々について公務員の600を超える資産公開を含んでいます。来たる2013年10月の議会選挙における候補者に関するデータと同様に、各部門内の主要な地位に関するデータにも優先度が付けられました。

各NGOは必要な公共情報を要求し、受け取ったデータを処理しながら、ある部門の透明性と説明責任の監視を専門に扱いました。

要求した情報は、印刷されたコピーで受け取りました。このため、データの入力に加えて、チームはさらにウェブサイト上の各資産公開情報にリンクされているDocumentCloud にアップロードする前に、あらゆる機微な個人情報を消しながら要求した原本をスキャンしました。

チームは30名以上のボランティアと共同で作業しました。彼らは6日間のマラソン「check-a-thon」で、データを手動で入力したり、内容について、あらゆる単位をクロスチェックしました。

このプロジェクトの期間、チームは、Google Docs、Google Spreadsheets およびTrello といった共同作業向けのツールをオンラインで使用して作業しました。

データベースとウェブサイトはLanacion.com のLA NACION データおよびマルチメディア・チームによって設計、開発されました。Knight-Mozilla Opennews のフェローはアプリケーションと検索ツールの最適化に協力しました。このニュースアプリケーションは現在ベータ版ですが、誰でも再利用できるように機械可読形式のオープンデータを提供します。

Open Asset Declarations ウェブサイトは特定の政治的背景の中で始まっています。公務員の配偶者および子どもについての資産情報を省略する、新しい法案が最近可決され、これにより以前利用可能であった内容が縮減されました。家族の資産情報は公務員の財産の正確な絵を描くのにきわめて重要で、不正な蓄財に関わるあらゆる調査の鍵です。

IMG_0150

明細書の紙オリジナルをスプレッドシート版と比較する、先週の「Check-a-thon」*

原文(2013/9/30 Open Knowledge Foundation Blog 記事より):
Original post Open Assets in Argentina / Florencia Coelho, licensed under CC BY 3.0.