You are browsing the archive for ジオキャッシング.

「ちばレポ」に対する市民の反応はいかに

2013年9月23日 in Events, News

2013/9/14 CITOイベントの様子

2013/9/14 CITOイベントの様子

9/20に「ちばレポ」参加者へのアンケート結果が公表されました。
◆ちばレポ第2回アンケート調査結果

調査対象690名に対して回答率は18%(124人)。うち実際に投稿したことがあるのは34.7%(43人)。
投稿者のレポートに対する市の対応状況については「満足」が51.2%(22人)、「不満」が48.8%(21人)とほぼ拮抗する回答結果となっています。一般化するには母数としてやや不十分かもしれませんが、今後の進め方のカギとなる部分ですのでこの結果を少し考察してみます。

そもそも「ちばレポ」はトライアルとして行われ、実際の対応は原則として行わない位置づけで始まりました。

◆ちば市民協働レポート実証実験(ちばレポ)

今回の実証実験(トライアル)では、市民の皆様などから寄せられた様々な地域課題について分析を行い、従来の行政が行う対応に加え、市民の皆様と市との協働による解決の可能性について検討を行います。なお、実証実験(トライアル)では投稿課題に対し、仮想業務処理(実際の処理はしない)を基本とします。ただし、緊急性等により現実的な対応が必要な場合は、所管において業務処理を行います。

しかしながら、いざフタを開けてみると、
◆ちば市民協働レポート実証実験[ちばレポ(トライアル)] 「現在のレポート件数」

総受付件数372件に対して、何と約半数の183件が対応済みとなっています。(2013/9/22現在)

やはり目の前に課題が提示されると担当部局としては責任感ゆえ看過できなかったのでしょうか。課題や所管が明らかなものについては比較的早期に対応されています。
いったん対応が始まると、投稿者から見れば自分のレポートが対応されていないと気になります。こうした経緯で上記の「満足」と「不満」が半々という結果になったものと思われます。

これに対して、千葉市では声明を出しました。
◆「ちばレポ」の現状について(平成25年9月13日)

本来対応を約束していたものでは無いにも関わらず、対応が遅れているものに対しても個々に判断して、市役所の所管外のものを含めて引き続き切り分けや対応を進めていくことを改めて告知しました。いわば大人の対応です。

例えば道路ひとつ取っても国道、県道、市町村道でそれぞれ所管が異なり、道路わきの道路標識は警察の所管です。その違いは市民にとって区別がつきにくいので、一緒くたに「ちばレポ」として上がってきます。従来型の苦情受付であれば、管轄外で済まされていたものが、これらを一括して受け取り、内部の所掌のみならず、外部のものまで交通整理して課題を受け渡すところにまで踏み込む内容になっています。縦割りに慣れた組織にとって横断的な全体調整はかなり困難を伴うものでしょう。これはまさにオープンガバメントに向けた動きであり、心よりエールを送ります。

こういった千葉市の姿勢は立派だとは思いますが、本来「ちばレポ」は市側に一方的な作業を押し付けるものではないはずです。今後は市民側からの自発的な参画とも連携する必要があるのではないででしょうか。例えば、ある程度レポートが溜まったところでその内容について、市側と市民が集まり、どのように考えて行けば皆が幸せになれるのか、といった意見交換ができれば良いのではないかと感じました。統計的な数値から何らかの傾向が得られたり、市民側からの自発的なアイデアが出てくるかもしれません。
実はこの動きに向けてもすでに手が打たれており、千葉市では市長と市民との対話会がいくつか予定されています。
◆【市長との対話会】参加者募集中

テーマは「「平成24年度決算とこれからのまちづくり」」ということで、一見「ちばレポ」とは無関係に見えますが、市民参画や協働の本丸は自治体の予決算に市民も何らかの形で関わることです。こういった市民との対話を通じた千葉市の次の一手に、さらに期待がかかります。

閑話休題。

ここで、9/14(土)に開催したCITOイベントについても併せて報告します。(冒頭の写真)
2回目となるCITO(プレ)イベントですが、今回は「ジオキャッシング」「ゴミ拾い」「ちばレポ」の3つを同時に行う欲張りな内容でした。ジオキャッシングという宝探しゲームを楽しみつつ、落ちているゴミを拾い、気づいた課題を「ちばレポ」にレポートしました。

「ちばレポ」ではゴミを報告するカテゴリがありますが、報告しているうちに、細かいゴミは写真に撮って送るよりも自分でその場で対応したくなります。しかし、ゴミを拾っても捨てる場所を見つけるのが難しい。自分ひとりでゴミ袋を用意して拾って歩くのも気恥ずかしい面もあり、ついついゴミ拾いは他人任せになってしまいます。

今回、市の関係者の計らいでゴミ袋と集積場所を用意して頂きました。そのような準備ができていて、複数名で街歩きしながらゴミを集めてみると、目的が明確で、楽しみながらゴミ拾いができました。10KMほど歩いたので、運動不足気味の身には健康のためにも良かったと思います。こうした楽しみを交えたゴミ拾いセットのようなものを用意して、希望する団体に提供する仕組みがあれば、市民参画のきっかけになるのではないかとふと思いました。

ゴミ拾いの後には汗と埃にまみれた体を松の湯という銭湯で洗い流し、風呂上がりにはコーヒー牛乳という、昭和ロマンを彷彿とさせるコースで締めくくりました。また企画しますのでお近くの方、ぜひご参加ください。

CITOプレイベントを開催しました

2013年6月10日 in Events, Special

スマートフォンでキャッシュを探す様子

スマートフォンでキャッシュを探す参加者

 ジオキャッシングをご存知でしょうか。2000年に米国でそれまで民生用のGPS電波に行われていた精度低下の加工が解除された際、それを祝ってGPS受信機を使った宝探しパーティが開催されたのがきっかけで始まった、だれでも参加できる世界規模の宝探しゲームです。
 全体的には海外での参加者が多いのですが、このところ国内でも会員サイトの日本語化が進み、手軽なGPS受信機としても使えるスマートフォンの普及ともあいまって参加者が増えています。

 キャッシュとはお宝を指しますが、実際には高価なものではなく、バッジなどの小物が防水性の容器に入れられています。キャッシュは誰でも探せるのはもちろん、誰でも隠すことができるというセルフサービスで運営が行われています。キャッシュの設置場所はその地域の名所案内を兼ねていることが多く、その案内文は英語と日本語の両方で書く決まりなので、外国からの訪問者も数多くキャッシュ探しに訪れます。

 このジオキャッシングの楽しみ方にはバリエーションがあり、そのひとつがCITO(Cash in Trash out) という、宝探しを楽しみながらゴミ拾いもやってしまおうというものです。日本では式根島で毎年開催されています。(関連記事

キャッシュの位置を表す地図

キャッシュの位置を表す地図


 今回開催されたのは、自治体がCITOを開催するとしたらどのような課題があるのかを探るためのプレイベントです。自治体関係者、地元でボーイスカウトをお手伝いされている方、ジオキャッシングの経験者、民間企業に勤める方など7名に参加頂き、2時間半ほど千葉市の中心部を歩いて都合9個のキャッシュを見つけました。その後、室内に移動し、開催に関わる課題を話し合いました。その結果下記のような意見がいくつか出されましたが、みんなで議論するうちにいずれも解決のメドを立てることができました。

Q)コンピュータに不慣れな人に対する考え方は?
A)広い層を対象とするなら、スマートフォンやGPSが使えない方は紙地図でも楽しめる。子どもを中心に考えると、親御さんはスマートフォン所有層が多いので、スマートフォン利用を前提としても良いかも。

Q)キャッシュを発見するにはある程度サポートが必要な気がするが、少人数のチームが複数できた場合にそういった体制が取れるか。
A)運営側で全てやると考えるのではなく、構想段階から想定する参加者(例えば子ども)を巻き込んだ進め方が良いのでは。子ども自身に企画段階から事前準備に参加してもらってはどうか。

 町内の清掃日もゲームに仕立てることで、楽しみながら参加することができます。子どもが参加したいと言えば親御さんもついてくるでしょう。地域への関心が薄い方でもゴミの捨てられ方を自分の眼で見ると、何らかの意見が出てくるかもしれません。自分の町を知るきっかけにもなります。つまり、行政との対話の受け皿としての様々なステークホルダーによるコミュニティ作りや市民参画のきっかけとなる可能性を秘めているのです。

 あなたの町でも試してみませんか。