You are browsing the archive for マイクロタスキング.

クライシスレスポンス用アプリ・サービス事例5 ForestWatchers.net

2012年12月15日 in Special

森林の減少は二酸化炭素の吸収源、あるいは動植物の生息域といった世界的なエコシステムに対する脅威となっており、中でも世界最大の熱帯林アマゾンでは違法な森林伐採は大きな問題だ。
しかし、対象エリアはあまりに広く、従来型の保護政策だけではその膨大なタスクを遂行しきれなくなってきている。

そこでForestWatchers.net は、宇宙衛星から撮影された高解像度の画像のうち、フリーで提供されているもの(オープンデータ!)や寄贈されたものを利用してボランティアによるコンピューティングに基づく集約的なパラダイムを提唱している。

具体的なツールとしてはシリーズ最初にご紹介したPyBossa が使われている。

マイクロタスキングにおいては作業を誰もが簡単にできる手順に落としこむための事前準備が重要だ。このため、PyBossaで構築されたDeforestedAreas アプリケーションでは事前準備としてコンピュータ処理で自然林(オレンジ)、保護区(ピンク)、水域(青)を自動認識してそれぞれ色を付けて人間の目で見た時に状況を把握しやすくしてある。

こういった準備がなされた上で、ボランティアはDeforestedAreas アプリケーションを選んでタスクを引き受ける。

たいていの画像はぼんやりした森林域に見えるので「I do not see deforestation, give me another one!」をクリックしてどんどん次の画像に進めて行くが、中には上記の画像のように緑の中に褐色の地面がむきだしになっている箇所がある。これが森林伐採の跡だ。

「Polygon」をクリックしてこの肌色のエリアを囲む。最後にダブルクリックすればポリゴン(多角形の面)での描画は終了だ。予め色のついたエリアはそのままでは画像がよく見えないのでマップ右上のレイヤーボタンをクリックして、色付きのレイヤーを非表示にすることもできる。これら以外にも、判然としないが、注意が要りそうな場所があれば「Point」をクリックして印を付ける。最後に「Save these the polygons or points」で保存して一丁上がり。

素人目には状況が判然としないものも多いが、何せ数が多いので分からないものはどんどんスキップすれば良い。小さな作業だが、大きな成果につながる可能性を秘めている。森林保全に興味のある方は具体的なアクションとして試してみてはいかがだろうか。

参考: クライシスレスポンス用アプリ・サービス事例1 PyBossa/Crowdcrafting

  • クライシスレスポンス用アプリ・サービス事例2 UN-ASIGN
  • クライシスレスポンス用アプリ・サービス事例4 OSM Tasking Manager
  • クライシスレスポンス用アプリ・サービス事例4 OSM Tasking Manager

    2012年12月10日 in Special

    内輪のツールで恐縮だが、今回はHOT(Humanitarian OpenStreetMap Team:人道支援OpenStreetMap チーム) が使っているOSM Tasking Manager を紹介させて頂く。

    大規模災害・政治的な迫害・疫病など、国連や赤十字などが緊急支援を始めるような事象が起きた場合、OpenStreetMap で該当エリアの地図を描くことで支援作業の手助けをできることが多い。緊急支援が必要な場所は、マップが整備されていないことが多いのだ。
    そんな時、HOTチームではマッピング(地図描き)の作業をマッパー(地図の描き手)が作業しやすい適度な大きさに分割するOSM Tasking Manager というサイトを立ち上げる。

    実際の例をご紹介しよう。
    HOTチームは現在イギリスの「国境なき医師団」とコンタクトを取っており、彼らから見て優先度の高い地域からマッピングを進めようとしている。この中でも優先度が高い地域としてコンゴ民主共和国が挙げられた。コンゴでは内乱と治安悪化が続き、国内難民が発生しており、多方面での支援が必要な状況下にある。これを受けて下記2箇所のマッピングタスクがつい最近アクティベートされた。

    1.ゴーマ(Goma)の西側
    2.ブカブ(Bukavu)付近

    上図はGoma西側の例だが、地図が適当な大きさの矩形で区切られている。白(透明)は未処理、赤は処理済、緑は処理済かつ検証済、白抜きのオレンジは現在処理中を表す。マッパーは未処理の矩形の中から好きなものを選んでマッピングし、終わったら処理済にして次の矩形に取り掛かる。まさに「マイクロタスキング」である。(尚、このサイトで作業に参加するにはOpenStreetMap で予めアカウントを作成しておく必要がある)

    下図は選んだエリアを編集する画面だ。flash アプリなのでPCとブラウザさえあればどこでも編集できる。OpenStreetMap ではマイクロソフト社のBing 衛星画像を地図トレース用として利用する許可を受けているので、それをなぞり描きすることが主な作業となる。
    ひとつの矩形は概ね1時間程度でマッピングできるサイズになっているため、自分の使える時間で、1日にひとつかふたつこなしていく、といった作業となる。OpenStreetMap の登録ユーザ数は世界で年内にも100万人になろうかというところだ。ひとりあたりの作業はごくわずかであっても、参加者が多ければそのパワーは計り知れないものになる。

    出典: OSM.org

    こういった作業を経験しておくと、いざコトがあった時にスムーズな対応が可能だ。日本にはウェブで使えるマップがいろいろあるために、改めてマッピングする必要性は一見無さそうだが、それは都市部の話で、山間部や離島では使えるマップが紙でしか無いといったケースがよくあるのだ。

    クラウドソーシングを地で行くOpenStreetMap の使い方はあなた次第だ。こういった活動に興味ある方はぜひマッピングに参加してみて欲しい。

    またOSM Tasking Managerはオープンソースとしてgithubで公開されているので、このソースをベースに別のアプリケーションを開発することもできる。地図を区切って、何らかの作業を分割するような使い方であればいろいろ応用できると思われる。興味ある方はその応用にもトライしてみて頂きたい。