You are browsing the archive for Chiba.

『文殊の知恵』でラクラク予選突破、次は幕張だ!4市協議会アイデアコンテスト(後編)

2013年8月6日 in Events, Special

千葉・福岡・武雄・奈良の4市によるビッグーデータ・オープンデータ活用推進協議会(以降、4市協議会)が開催中のアイデアコンテストに向けて、参加者がよってたかってアイデアをひねり出し、その場で提案書作ってエントリーしてしまおうという「文殊の知恵イベント」もいよいよ後半戦に突入です。今度は、前半戦で3名の若手専門家から貴重なインプットを受けた参加者の出番です。

ホワイトボードには事前に集めたアイデアがいくつか書き出されています。これにどれだけ追加できるかが勝負です。司会を務めるOKFJのShu Higashiの巧みなリードで次々と手が上がり、新しいアイデアがホワイトボードに書き出されていきます。最終的に19種類のアイデアをひねり出すことができました。提案された内容は 議会、介護、保育、教育、芸術などさまざまな分野に渡り、公共施設の有効活用や人口を増やす施策、千葉の優れた点をアピールする方法などユニークなアイデアも出てきました。

提案されたアイデアについては、参加者がそれぞれ希望するものを選び、グループに分かれて討議し、具体化していきます。最終ゴールは提案書を作成し、メールで4市協議会に提出することです。約2時間に渡るグループワークの結果、19のアイデアのうち11のアイデアが具体化され、提案できる状態にまでなりました

 

Monju-Idea-Presen-1

アイデア提案者によるプレゼンテーションの様子
(※本文中の「マイエリア」とは直接関係ありません)

 

その中の1つ、生活支援アプリ「マイエリア」について、特別に提案者から許可をいただくことができましたのでここでご紹介します。

「マイエリア」の特徴は、今、自分がいる場所から、1時間でどこまで行くことができるのか、2時間でどこまで行くことができるのか、というように移動に要する時間を基準にしてエリアをマッピングする点にあります。さらに「マイエリア」は、徒歩、公共交通機関、車などの移動手段ごとにエリアが表示され、公共交通機関については時刻表のデータをもとにして動的にエリアが変化します。

こうして移動時間ごと、移動手段ごとにエリアをマッピングした上に、公共施設や避難場所、コンビニなど、生活上重要な施設などの情報をプロットしていきます。徒歩ならこの施設まで行ける、バスを使えばさらにあそこまで行けるというように、今いる場所と時間、さらに移動手段に応じた自分の空間、マイエリアを正確に把握することができます。こうしてマイエリアの大きさと、マイエリア内の施設の充実度によって、その人にとっての街の魅力度がわかるようになります

約5時間にもおよぶアイデア出しイベントに参加していただいた皆さん、本当にお疲れさまでした。提案書の書類審査による一次審査をパスすると、次は11月10日(日)アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>における二次審査のプレゼンテーションです。

二次審査は4市の市長が出席する公開シンポジウムの中で行われますので、市長にアイデアを直接売り込むチャンスでもあります。アイデア提出の締切は8月31日。まだまだ出し足りない方、奮ってご応募ください

それでは、11月に幕張でお会いしましょう!

 

参考:

『文殊の知恵』でラクラク予選突破、次は幕張だ!4市協議会アイデアコンテスト(前編)

2013年8月4日 in Events, Special

2013年4月1日、千葉・福岡・武雄・奈良の4市によってビッグーデータ・オープンデータ活用推進協議会(以降、4市協議会)が立ち上がりました。この4市協議会は、ビッグデータ・オープンデータを活用することにより、市民サービスの向上や市民主体のまちづくりの推進などを目的として設立されたものです。具体的な施策を立てるにあたって、4市協議会は市民から広くアイデアを募る「アイデアコンテスト」を6月1日から8月31日まで開催しています。

8月3日、このアイデアコンテストに提案するアイデアをよってたかってひねり出し、その場で提案書作ってエントリーしてしまおうという「文殊の知恵イベント」が開催されました。オープンデータの「聖地」とも呼ばれる国際大学GLOCOMホールに集まったのは40名を超える老若男女。OKFJ代表庄司昌彦はオープニングトークで「本気で最優秀賞を取りにいく」と高らかに宣言。OKFJが4市協議会の協力者になっている立場などおかまいなしです。

matsushima

松島隆一さん

これに対して4市協議会の今年度幹事を務める千葉市の松島隆一さんからは、便利で安心なまちづくりのために「参加者一人最低2件で、計80件」「OKFJはそれとは別に100件」と暖かい励ましのお言葉をいただき、イベントがスタート。

メインテーマは「防災」「教育」「環境」です。アイデア出しに使えそうなデータは千葉市福岡市武雄市奈良市が事前にまとめて提供してくれました。これらのデータを使ってもよし、足りなければ別に要求してもよし、いずれにしても、文殊菩薩は大忙しになりそうです。

アイデア出しに先立ち、頭の準備体操のために、若者3名によるフレッシュなプレゼンテーションが行われました。若者だからといってあなどってはいけません。全員がまさに現場で日々格闘している正真正銘のプロです。

トップバッターはインテージの伊藤直之さん、涼やかな和服で登場です。ビジネス・インテリジェンスやマーケティングの専門家で、OKFJのメンバーでもあります。特にパーソナルデータ活用の分野に強く、これまでにも多くのブログを書いてきました。従来、オープンデータのビジネス活用というと、新サービス創出とそれを支える支援環境(データポータルやAPI)が主でしたが、「オープンデータをマーケティングに生かす」という今回のプレゼンテーションは、マーケティングという観点からオープンデータの価値を再評価してみようというものです。

itoh

伊藤直之さん

オープンデータによって創出されるマーケティング・リサーチ市場の規模は1,700億円にも上り、他の分野をおさえてトップという試算結果には驚きました。しかし、統計データをマーケティングに生かすことは従来から当たり前のように行われてきたわけですから、それがより広範囲に、より精緻に行うことができるようになれば、新しい市場が生まれることは不思議ではありません。消費者にとってもより良いサービスを低価格で手に入れることが可能になります。

例えばプレゼンテーションでは、オープンデータによって人口動態と消費者購買データを掛け合わせたコーホート分析をより精密に行うことができるようになり、世代効果や加齢効果、時代効果を先読みしたマーケティングが可能になることが紹介されました。また流山市がオープンデータを活用したマーケティングによって30代人口を急増させた例も紹介されました。

オープンデータというと、「何か新しいことを考えなきゃ」と構えてしまいがちですが、今やっていることをオープンデータとマーケティングの手法でより良くする方法も考えてみてはどうかという強烈なメッセージとなりました。

Goto

後藤真理絵さん

2番手は某情報通信会社アナリストの後藤真理絵さん、インフォグラフィックスやデータ・ビジュアライゼーションのプロです。「データの意味を伝える可視化表現」というプレゼンテーションは、データを分かりやすく可視化する目的は思考やアクションを促すことであるというメッセージで始まりました。データの可視化はゴールではなくスタートであり、データを理解した上で、次に何を考え、どう行動するかということこそが重要だという内容を静かに、説得力ある話し方で伝えます。

後半はガラッと変わって極めて実践的な内容になり、インフォグラフィックスやデータ・ビジュアライゼーションを実践する上で有効なテクニックを豊富な事例をもとに解説していきます。キーメッセージとは、どんなアクションを促したいのか、そのビジョンを伝えるものでなければならないことや、キーメッセージの特性を伝えるためのデータ加工の方法などが解説され、データの可視化で使えるさまざまな見せ方のテクニックと、その組み合わせ方が事例と共に紹介されました。

オープンデータはデータを公開する運動ではなく、公開されたデータを活用して社会的な課題を解決する運動であるということを改めて思い出させてくれる内容でした。

tajima

田島逸郎さん

最後は、いかにも「できそう」という雰囲気あふれるGeorepublic Japan田島逸郎さん。今や社会現象とも言えるほどの勢いで広がるWhere Does My Money Go?や、市民参加型行政イノベーションを推進するCode for Japanでも活躍するトップ・エンジニアです。さらに、オープンデータ関係のイベントではUstreamやTwitter中継などの裏方作業も嫌がらずに進んで引き受けてくれるナイスガイでもあります。

オープンデータを活用したアプリケーション開発」というプレゼンテーションでは、オープンデータとエンジニアをうまくマッチさせるにはどうしたら良いか、そのポイントをエンジニアの視点から順を追って説明していきます。特に後半は、エンジニアとは何か、エンジニアがオープンデータに関わるモチベーションはどこにあるのかなど、普段はあまり聞くことのできないエンジニアの本音がストレートに伝わってきました。

最後の「お互いを尊重すればうまくいきます」というメッセージは、こうした運動を支えるまさに原理ともいえるもので、そのメッセージがトップ・エンジニアから語られたことに大きな喜びと可能性を感じました。

さて今度は、3人の若き文殊のプレゼンテーションによって触発された参加者が、脳に汗をかきながらアイデアをひねり出す番です。その奮闘の様子については、後編でお伝えします。

 

参考:

千葉市から始まった、オープンデータによる地方自治の未来

2013年3月19日 in Special, 未分類

3月18日夕方、千葉市役所別館にて「ビッグデータ、オープンデータで変わる自治体行政」千葉市職員研修ワークショップの第2回があり、取材してきました。
千葉市では、2/23のOpendata dayでもOKFJが協力してイベントを開催しました。

IMG_0232

直前の告知に関わらず千葉市のほぼ全部局からの参加者が集まった、みなさん真剣です!

1回目と2回目の間に1週間時間を置き、宿題も出して望んだ今回。
参加者は1回目は約70人、今回2回目は、千葉市のほぼずべての部局12局、2区から、45人が参加。直前の告知にも関わらず部署を問わず若い職員からベテラン、局長まで、とても幅広く参加者が集まりました。

IMG_0248

講師は全編OKFJ代表/GLOCOMの庄司昌彦が担当。真剣な市職員を前に一言一言に熱が入ります!

講師はOKFJ代表/国際大学GLOCOMの庄司昌彦が担当しました。
1回目は講演でオープンデータの意義や国内外事例の紹介をし、今回2回目は千葉市のデータを使ってどのようなことができるかについてのアイディアソンです。

IMG_0275

局長・部長級のベテランと若い職員が部署の違いも越え一緒に熱心な議論がつづく

宿題で参加者が考えてきた千葉市のオープンデータの活用法をシートに記入していきます。
そしてまずはグループ内でアイデアを発表しあいます、とても活発な意見交換になりました。市民からの問い合わせに効果的・効率的に応える工夫や、部局横断の情報提供、市民との協働による課題解決など。みなさん現場の職員さんだけに、現場のいまの課題に基づいたものがたくさんでてきました。

IMG_0288

アイデア発表は6人、それぞれにユニークな視点です

次にワールドカフェ形式を使って、さらに多様なアイデアを共有し合います。
最後に代表して6人の職員さんがアイデアを発表します。

発表されたアイデアをご紹介、職員さんならでは(?)のアイデアができてきました。

「投票に行かないとお金無駄にしちゃうよ?」
一票にかかる費用を可視化、公開する。

「市民お助けマンクラブ」
市に持ち込まれた問題の内、市民でできる、治せることは市民に有償で直してもらう。地域でがんばっている団体にお任せすると好循環にもなる。

「オリンピックを目指す学校選び」
種目別に各学校の部活動の活動情報などを可視化し、比較しやすくする

「楽しい夏休み」
親子が楽しめる、子どもが楽しめる夏休みの過ごし方の場所やイベント情報を一箇所にまとめる

「課ごとのお仕事一覧表の公開」
どの課がどのような仕事をやっているかは庁内でも共有されきっていなくて、市民からの問い合わせへの効果的な対応ができていない。市民もこれが分かれば問い合わせもしやすくなる。

「スマホで選べる居酒屋アプリ」
いま空いている席と、その席のまわりの客層まで知ることができるアプリ。

アイデアソンの後、最後に、fix my streetを市政運営に取り入れた場合、どのような課題がありそうかを議論しました。
fix my streetは2/23のOpendata Day関連でも千葉市でワークショップが行われました。fix my streetは、市民が地域の問題点を知らせ、行政と市民が一緒に解決していくwebアプリツールです。

IMG_0298

fix my streetについて説明する千葉市総務局の片桐情報統括部長

実際に稼動したとき、行政はどのように対応していくか、市民がどこまで課題に対応するか、行政と市民の役割の線引きについてや、市民による対応を継続するにはどうしたらよいかなどが話しあわれました。

3時間ほどの研修でしたが、みなさん真剣で、あっという間に過ぎた印象でした。
取材の感想として、オープンデータ活用を考えると、自然とそもそもの行政のあり方や、行政と市民との関係を考えることになるのだなあという印象を強く持ちました。

今回はアイデア出しだけでしたが、今後は実際に開発まで含めた継続も期待できそうです。
地方自治での取り組みが、はじまっています。

Chiba Open Data City 宣言、熊谷千葉市長

2013年2月24日 in Events, Special

2月23日、千葉市で開催されたChiba Open Data Day 2013に、熊谷千葉市長にも参加していただくことができました。

千葉市と言えば、ビッグデータ・オープンデータ活用推進協議会を武雄市・奈良市・福岡市と共同で設立したように、オープンデータの利活用について非常に積極的な都市の1つです。

Chiba Open Data Day 2013では、熊谷市長も参加者の一人としてハッカソン、アイデアソンに加わり、「こどもNo.1千葉」を実現するための方法について熱い議論を交わし、エンジニアと具体的な仕様検討を行いました。

そしてインタビューでは、千葉市がオープンデータを活用することで市民参加を促し、街を市民の手によって変革していくことを力強く宣言していただきましたChiba Open Data City、これから注目です

参考: Chiba Open Data Day 2013 – こどもNo.1千葉 –

 

こどもの目で街を見る、ベビーカー隊大活躍

2013年2月14日 in Special

畠中 一幸さん撮影

2月11日千葉市で、FixMyStreetを使った『こどもNo.1度チェック』というイベントを開催したことは以前報告しました。イベントでは3つのグループに分かれて千葉市を街歩きしたのですが、その1つ『ベビーカー隊』の隊長から貴重な映像を入手しましたので、ここで紹介します。

『ベビーカー隊』とは、その名の通りベビーカーで街歩きをするグループなのですが、その目的は「こどもの目で街を見る」ことです。こどもNo.1千葉を実現するためには、すべてのこどもにとって快適な街づくりをしなければならないのですが、ベビーカーに乗っているこどもからインタビューするのは、親の協力を得たとしても困難を極めます。そこで隊長は、ベビーカーにビデオを付けて街歩きすることを思いついたというわけです。

ベビーカーに乗っているこどもから、千葉の街はどんな風に見えているのでしょうか?以下の映像を見ると、こどもたちの気持ちが少しわかる気がします。

以下は隊長の感想です。みなさんはどんな感想を持ちましたか?もしよろしければコメントに書き込んでみてください。

  • あまり周りの人の顔が映っていない
  • 子供の視点から、大人の顔は見えない?
  • 路面がブロックのところは、小刻みな振動がスゴイ
  • 大人は感じないが、駐車場からの車の出入りなど、子供の目線からは結構インパクトがある。
  • 人ごみに入ると、威圧感がある。
  • ちょっとした段差でも、大きく揺れる。
  • 急に自転車が飛び出してくる。
  • しかし、ゴミとか多いなぁ

『ベンチを直す人は出せないが、ペンキならある』、FixMyStreetでわかったこと

2013年2月12日 in Special

2月11日千葉市にて、FixMyStreetを使った『こどもNo.1度チェック』というイベントを開催しました。これはInternational Open Data Day in Japanの一環として23日に千葉市で開催予定の『Chiba Open Data Day 2013 – こどもNo.1千葉 –』のプレイベントとして、Chiba Open Data Day 2013実行委員会が開催したものです。当日は北風が徐々に強まる寒い日にもかかわらず、16名の方に参加していただくことができました。参加者は3つのグループに分かれ、千葉市を熟知した市民リーダーと一緒に街歩きをし、こどもにとって危険な場所や、改善した方が良いところがないかをチェックしました。

この街歩き&レポートイベントでは、札幌のダッピスタジオが開発したFixMyStreet Japanを活用しました。FixMyStreetと言えば、あのUKのmySocietyが有名ですが、今回利用したのはmySociety版ではなく、ダッピスタジオがmySocietyの承諾を得て独自に開発した日本版です。スマートフォンにアプリをインストールするだけで準備OK。あとは気になる箇所をカメラでパチリ、位置はGPSで自動的に取得されます。タイトルを書き、分類を選び、どこが問題なのかを簡単に書いて、その場でレポートをアップして1件完成。今回は3チーム、総勢16名(うち、こども3名)が1時間半ほど歩いて、60件のレポートをアップしました

街歩きの後は、参加者全員でレポートを見ながら、報告者がなぜそこをレポートしたのかについて説明し、それについてどんな改善方法があるのかなどを自由に話し合いました。市民の皆さんが「これは行政の仕事だろう」と思っていたのが、実はそうではなかったりするものもあり、とても有意義でした。

その中でも、私が一番「コレは!」と思ったのは、あるベンチについて話をしている時です。そのベンチは木製で、作られてからかなり年月が経っているのか、表面がひどく傷んでいました。さらに横木が一本外れてしまっていて、こどもがそこに足を挟んでしまう恐れもありました。「ベンチを取り換えたり全体を修理すると数十万円かかる」、「横木を修理するとなると素人では難しい」、「傷みがひどすぎて修理するのは無理だろう」、「もっと早くメンテナンスしていたら良かったのに」、等の話が次々と出る中、千葉市役所に勤めているある参加者の方が

『ベンチを直す人は出せないが、ペンキならある』

と発言しました。市役所が常にベンチをメンテナンスすることは難しいが、もしペンキの塗り替えなどを市民がやってくれるのなら、それに必要なペンキは提供できるということです。これは些細なことに聞えるかもしれませんが、従来の「サービス提供者vsサービス消費者」という関係を越える非常に画期的な出来事です。

今回の壊れたベンチ問題についての典型的なシナリオは次のようになります。

  • 市民:ベンチをメンテナンスするのは市役所の仕事、税金も払っているんだからきちんとやって欲しい
  • 市役所:市民のためにメンテナンスしたいのは山々だが、予算にも限りがあり、全部をやるのは到底不可能
  • 市民:市役所はきちんと仕事をしてくれない
  • 市役所:市民は役所の仕事をわかってくれない

これではいくら市民が問題点を指摘しても、進展する望みはありません。市民も市役所も、お互いにフラストレーションが溜まるだけです。どうしてそうなってしまうのかというと、「完全にやる(やらせる)か、まったくやらない(やらせない)か」という考え方にとらわれすぎているためです。市民は「税金をはらっているのだから市役所で全部やって欲しい」、市役所は「やるなら全責任をもって自分たちでやらなければならない」と考えています。この壁を壊して、お互いにオープンになることで、「わが街、千葉」のためにできることは大きく拡がります

FixMyStreetは市民が行政に対して問題点を指摘するツールではありません。「わが街」のために市民と行政が一緒になって考えるテーマやきっかけを提供するツールです。FixMyStreetで問題箇所をレポートし、後は行政にお願いという使い方は正しくありません。FixMyStreetのレポートをもとに市民や行政が話し合い、お互いに協力できるところは協力し、妥協できるところは妥協していくという、話し合いのプロセスこそが最も重要です。今回の千葉市でのプレイベントは、そのことの重要性を改めて思い出させてくれました。

寒い中、参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。

23日も引き続き千葉市でFixMyStreetを活用したイベントを開催しますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。

『こどもNo.1千葉』を目指せ!、Chiba Open Data Day 2013開催

2013年2月2日 in Events

2013年2月23日(土)、こどもNo.1を目指す千葉市で、オープンデータを活用した市民参加型イベントChiba Open Data Day 2013を開催します。

  • 千葉市のお金はどんなところにいくら使われているの?
  • イクメンを増やすにはどうしたらいいの?
  • 街は本当に子育てしやすい環境なの?

日頃からいろいろな疑問をお持ちの方、私ならこうするというアイデアをお持ちの方、とりあえず何か楽しそうとお思いの方、どなたでも無料で参加できます

2月23日はInternational Open Data Dayにあたり、世界60以上の都市で市民が集まり、公的機関が保有するデータを活用して社会的課題解決に取り組むハッカソンが開催されます。千葉市も世界の各都市に負けないよう、こどもNo.1千葉を目指して次のようなテーマにチャレンジします。

  1. Where Does My Money Go?によるお金の使い方分析
  2. イクメン応援アプリのアイデア出し&プロトタイピング
  3. FixMyStreetを使ったこどもNo.1度チェック

みなさん、一緒に「こどもNo.1千葉」を実現しましょう!

参加申し込みは以下からお願いします。
http://peatix.com/event/10030/view

日時・場所
2013年2月23日 10:00〜19:00
Qiball 千葉市ビジネス支援センター 15F パソコン研修室
千葉県千葉市中央区中央4-5-1

参加者・参加費
どなたでも無料で参加できます。

スケジュール(予定)
10:00  開始
〜11:00 司会者挨拶、趣旨説明、レクチャー
〜12:00 ディスカッション、開発、データ作成など
〜13:00 昼食
〜18:00 ディスカッション、開発、データ作成など
〜19:00 結果発表、質疑応答、優秀賞決定
その後、希望者での懇親会を予定しています。(懇親会参加は実費)

主催: Chiba Open Data Day 2013実行委員会
共催:Open Knowledge Foundation Japan
後援:
千葉市
LODチャレンジ実行委員会
FixMyStreet Japan(申請中)