You are browsing the archive for Open Government Partnership.

okfj

by okfj

OGPアジア会議参加報告会 開催報告

2014年6月14日 in Events, Featured

10153379_10152498693528117_191232926_n

6月3日に開催した「OGP(Open Government Partnership)アジア会議参加報告会」のご報告です。当日は多数のみなさまにご参加いただきました。ありがとうございました。

今回、OGPアジア会合参加により、以下の成果をあげることができましたので、ご報告致します。

【今回の成果】

  • OGPは、市民と政府が協力して、1)政府の透明性を向上させ、2)市民参加を促進し、3)新しいテクノロジーとイノベーションを活かして、4)よりオープンで、効果的で、説明力のある政府をつくることを目的とした多国間イニシアティブであることを理解し、その活動内容やマネジメント・メカニズムを把握(添付の報告会発表資料をご覧ください)。
  • 参加各国のOGPに対するスタンスやオープンデータ活動における主要イシューの理解。
  • アジア各国のオープンデータ関係者(オープン・ナレッジ・ファウンデーション関係者を含む)及びOGP活動の推進者たちとのネットワーキング(53名と名刺交換)。
  • 日本のオープンデータ取組み状況等をパネルディスカッション、ワーキングディスカッション等の場で積極的に発信。
  • 日本政府外務省担当課への情報提供
  • 日本財団関係者とのコンタクト及びCANPANへの参加(会場もお借りしました。ありがとうございました!)
  • 日経オープンデータポータルへの記事掲載(海外のオープンデータ推進者と幅広く交流――OKFJがOGPアジア地域会合報告
  • 6月10日開催「2014 世界ICTサミット(主催:日経新聞・総務省)」へのフィオナ・ツィーディー氏(オープンナレッジファウンデーション・オーストラリア共同議長)招聘の支援
  • 6月10日関連イベント「世界のオープンデータ最新事情」を開催(主催:OKFJ+国際大学GLOCOM)

最終的な会計は以下の通りです。

【会計報告】

当日に参加者のみなさんからいただいたカンパは「48,000円」に達しました!事前に「オープン!ちば」のみなさまにいただいた「22,700円」と併せ総額「70,700円」となりました。今回の会議参加費用(約18万円)の一部に充当させていただきます。

ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました!

発表資料は下記にございますのでご参照ください。

【発表資料】

okfj

by okfj

OGPアジア会議参加報告会(6/3(火)19時半開催)

2014年5月23日 in Events, Featured

当日の参加メンバーの一部。左からOKFタイ、ドイツ、台湾、オープトラリア、中国

当日の参加メンバーの一部。左からOKFタイ、ドイツ、台湾、オーストラリア、中国

2014/6/4 発表資料をこちらに公開しました。

毎月恒例のオープンデータ・トーク・シリーズ(第10回)は、2014年6月3日(火)19:30より、「オープン・ガバメント・パートナーシップ アジア会議参加報告会」と題して日本財団ビル2F大会議室にて開催します。

この会議に日本から参加したOKFJ副理事長の川島より、オープン・ガバメント・パートナーシップとは何なのか、アジア各国の取組み状況、といったことについてご報告いたします。

英国を訪問した安倍首相のオープン・ガバメント・パートナーシップに関するコメントが、5/1付けで英国政府ニュースサイトで取り上げられています。

The Prime Minister welcomed Japan’s commitment to accelerate progress on both joining the Open Government Partnership, and committing to automatic exchange of tax information and central registries of beneficial ownership.(キャメロン首相はオープン・ガバメント・パートナーシップへの参加に向けた進捗を加速する、との日本のコミットメントを歓迎し…)

また、後半では日本がこのオープン・ガバメント・パートナーシップに取り組む意義など、奥村裕一(東京大学公共政策大学院客員教授)氏をコメンテーターに迎え、参加者のみなさんを交えてのディスカッションを予定しています。ぜひ下記よりお申し込みください。

オープン・ガバメント・パートナーシップ アジア会議参加報告会(オープンデータ・トーク・シリーズ第10回)

メキシコとインドネシア、Open Government Partnership次期共同議長に

2013年11月5日 in News

メキシコの通信社NOTIMEXは、メキシコとインドネシアがOpen Government Partnershipの次期共同議長に就任すると報じました。メキシコ大統領エンリケ・ペーニャ・ニエトは、自身のツイッターアカウント@EPNで、「メキシコとインドネシアがオープンガバメント同盟の共同議長を引き受けた」とツイートしています。

 

 

ペーニャ・ニエトの属する制度的革命党(PRI)は、国民からの評判があまり芳しくないようで、ツイートに対するコメントも辛辣なものが目に付きます。しかし、ペーニャ・ニエトは汚職や不正が問題になったPRIの古い体質を改め、より透明な政府に変えていくとも宣言しています。今回の共同議長就任はその決意の表れと言えるかもしれません。

 

出典: Mexico and Indonesia assume co-chairmanship of OGP(NOTIMEX, 2013/10/31)

Open Government Partnership、新たに11ヶ国が加盟

2013年5月14日 in News

4月25日にロンドンで開催されたOpen Government Partnership(OGP)の会合において、OGPに新たに11ヶ国が加盟すると発表されました。OGPの加盟国はこれで58に大きく増えます。

アルゼンチン、コスタリカ、フィンランド、パナマ、トリニダード・トバゴ、ハンガリー、ガーナ、リベリアの8ヶ国は、執行運営委員会にオープンデータ推進の実行計画を説明し、ロシア、セルビア、モンゴル国の3ヶ国はこれから実行計画の作成にとりかかります。

OGP創設当初はその実効性に疑問を呈する向きも少なくありませんでした。しかし多くの事例が示すように、OGPに加盟にしてオープンデータ推進の実行プランを公開し、加盟国同士が競い合うことで、加盟国のオープンデータ推進はコミットメントからアクションへと飛躍的に進みます。

出典: Open Government Partnership welcomes 11 new countries